メールマガジン
<< 前へ 第279号 次へ >>

一覧へ戻る

RPPCメール
リサイクルポート推進協議会
 第279号(平成21年4月8日発行)
======================================
《RPPC活動予定表》
★4/22 調査・研究部会 汚染土壌事業化分科会
     15:00~ 鹿島建設(赤坂別館) 会議室
======================================
《RPPCからのお知らせ》
★リサイクルポート推進協議会 総会決まる
 
 平成21年度のリサイクルポート推進協議会 総会が下記日程で開催される事となりました。
詳細は後日ご通知致します。会員皆様のご出席を宜しくお願いします。  

【 総 会 】
開催日時:平成21年6月4日(木)16:00~17:00
場   所:九段会館  3階「真珠の間」
【RPPC TOPICS】(総会開催前)
開催時間:14:30~15:45 (場所:総会と同一会場)
成果報告:①「リサイクルポート実証実験報告」
       ②「静脈物流用特殊コンテナ&前処理設備事例紹介」
【会員懇親会】(総会終了後)
開催時間:17:00~
場   所:九段会館 2階「鳳凰の間」
参 加 費:3,000円/人
=====================================
《リサイクルポートに関連する最新の情報》
1.国土交通省港湾局、東京湾沿岸全域を対象に高潮浸水計算を実施
2.平成21年度新規の「港整備交付金」の対象港湾、事業配分額
3.国土計画局、21年度新規「地域自立・活性化交付金」
4.国土交通省港湾局人事異動(4月1日付)
=====================================
《リサイクルポートに関連する最新の情報》
1.国土交通省港湾局、東京湾沿岸全域を対象に高潮浸水計算を実施

 国土交通省港湾局は国土交通省で初めての試みとして、東京湾沿岸全域を対象とした高
潮浸水計算を実施した。東京湾に伊勢湾台風や室戸台風級の台風が来襲したと想定し、現
状の海岸保全施設が正常に機能した場合や大規模地震で海岸施設が被災しているケース、
地球温暖化で現状よりも平均海面水位が上昇した状況下など6つのシナリオを設定し、それ
ぞれの場合の最大浸水面積、最大浸水量を示している。
 同調査によって判ったことは、①伊勢湾台風級の台風に対しては、既存の海
岸保全施設が機能すれば大規模な浸水は概ね防止できる。この状態を維持するため、耐震
対策及び老朽化対策等の推進が重要。②地球温暖化に伴う将来の海面上昇や超巨大台風
の来襲に加えて、海岸保全施設の機能障害という悪条件が重なった場合は、大規模な浸水
が発生する可能性があり、長期的視点に立って対策を講じていくことが必要。③海岸保全施
設の外側の埋立地においては浸水が発生する可能性があり、被害の軽減に向けた対策を講
じていくことが必要、など。

【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
2.平成21年度新規の「港整備交付金」の対象港湾、事業配分額

 国土交通省港湾局は、平成21年度の「港整備交付金」の対象となる港湾、事業配分額を決
めた。同事業は地域再生計画に基づき、地方港湾・第1種漁港の施設整備を効率的に行うた
め事業間での融通や年度間での事業量の変更が可能
な「港整備交付金」を交付する制度。21年の事業費の配分額は合計113億円でうち国費48
億円。21年度新規事業採択先は次の通り。
 ▽陸奥湾南の地域産業を支える安全な港づくり計画(青森県)、 ▽急潮今治・
上島「うみのまち」再生計画~港の連携・皆との交流~(愛媛県、今治市、越智郡上島町)、▽
「地域と連携した安全な港づくり」計画(鹿児島県、長島町)、▽地域力を発揮し活力を創出す
る薩摩川内・甑港づくり計画(鹿児島県、薩摩川内市)。

【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
3.国土計画局、21年度新規「地域自立・活性化交付金」

 国土交通省国土計画局は21年度「地域自立・活性化交付金」のうち、港湾関
連事業配分先の事業概要、配分額を明らかにした。
 21年度新規の交付対象事業は、▽岩手県「岩手県全域・観光」(宮古港)、
▽山形県「山形県全域・物流」(酒田港)、▽福島県「いわき地域」(小名浜港)、▽静岡県「観
光“しずおか”地域」(清水港、土肥港)、▽鳥取県「西伯耆地域」(米子港)、▽徳島県「県東
部地域」(橘港)、▽長崎県「県西部・離島地域」(長崎港、時津港など12港)、▽宮崎県「宮崎
県全域・観光」(宮崎港)、▽鹿児島県「九州新幹線全線開業に向けた計画」(鹿児島港、志布
志港、根占港)の9地域。

【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

4.国土交通省港湾局人事異動(4月1日付)

 国土交通省港湾局は4月1日付で、国際・環境課に「港湾環境政策室」を設置した。関連人事は次の通り。
 ▽国際・環境課港湾環境政策室長(静岡県建設部港湾局長)角浩美、▽港
湾環境政策室課長補佐(港湾局技術企画課付)馬場智、▽港湾環境政策室
広域環境係長(国総研環境研究部道路環境研究室研究官)下田潤一、▽港
湾環境政策室環境技術係長(関東地整横浜技調建設管理官)越後谷哲也


【港湾空港タイムス】
######################################
 発行者:RPPC広報部会
 部会長:本野 晃郎  パシフィックコンサルタンツ(株)
 部会員:藤原 敏光  五洋建設(株)
      門脇 直哉  新日本製鐵(株)
      座間味 康喜 東京都

 リサイクルポート推進協議会事務局
 (財団法人 港湾空間高度化環境研究センター内)
 担当:首藤、新谷、大田
 URL:www.rppc.jp E-mail:rppc@wave.or.jp

 ※会員主催や会員に関係した催し物(セミナーなど)の情報がありましたら
   ご連絡下さい。
   開催案内等の情報をメールマガジンで配信いたします。
 
 ※メールマガジンに対する意見、要望がありましたらご連絡下さい。
######################################

<< 前へ 第279号 次へ >>

一覧へ戻る