メールマガジン
<< 前へ 第289号 次へ >>

一覧へ戻る

RPPCメール
リサイクルポート推進協議会
  第289号(平成21年6月24日発行)

======================================
《RPPC活動予定表》
★ 7/23 調査・研究部会 汚染土壌事業化分科会
       15:00~  バーク芝浦 会議室
======================================
《RPPCからのお知らせ》
★事務局移転のお知らせ

リサイクルポート推進協議会事務局所在の
(財)WAVE(港湾空間高度化環境研究センター)移転に伴い、
下記の通り、事務局の住所等ご連絡先が変わります。

移転期日  :平成21年7月1日(水)
移転先住所:〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目1番10号
                第2虎の門電気ビルディング4F
                (財)港湾空間高度化環境研究センター内
電話番号  :03-5408-8296
FAX番号  :03-5408-8747

 ※移転につきましては後日郵送にてご通知いたします。
======================================
《リサイクルポートに関連する最新の情報》
1.国土交通省港湾局、三者会議の実施へ
2.三池港(内港北地区)の航路増深(マイナス10m)事業を促進
3.神戸港、スパ中の補正対応事業の実施準備
======================================
《リサイクルポートに関連する最新の情報》
1.国土交通省港湾局、三者会議の実施へ

 国土交通省港湾局は工事目的物の品質確保を図るため、三者会議の実施を導入する。発注者と設計者、ならびに施工者の3者が集まって、設計思想の伝達や情報の共有化を図り、発注者、設計者の思想や考えが出来上がる施設に正しく反映されるようにする。港湾局では今年度から施工現場に導入していくこととし、全国の地方整備局等に通達した。現場条件が特殊な工事や施工に要する技術が新規で高度であるなど、設計時の設計意図を詳細に伝達する必要があると認められる工事等に適用する。
 三者会議は発注者(設計担当・工事担当)、設計者(管理技術者等)、施工者(現場代理人)が、施工者が設計図書を照査した後に実施する。設計者は設計意図、発注者は施工上の留意事項などの情報を伝えて共有化を図る。

【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
2.三池港(内港北地区)の航路増深(マイナス10m)事業を促進

 九州地方整備局博多港湾・空港整備事務所は、リサイクルポートに指定されている三池港(内港北地区)の航路増深(マイナス10m)計画を進めている。21年度事業として、法面補強工事となる鋼管杭の打設工事を前年度に続いて実施する。北防砂堤側に500本、第2次として四山地区護岸側に400本の打設を予定している。今年度工事により北防砂堤側の鋼管杭打設は270mを残すだけになり、四山地区護岸側はすべての打設を終える。同航路整備では、法面補強工事が整った部分から浚渫工事にも着手している。 三池港の内港地区には、マイナス10m公共岸壁2バース、三井鉱山の専用1バースを含む合計3バースが機能しているが、内港地区から沖側の本航路までの区間延長約1700mの内港航路は埋没の進行により、大型船は潮待ちなど喫水調整を行う必要があり、計画水深確保に向けた航路整備を進めている。

【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
3.神戸港、スパ中の補正対応事業の実施準備

 近畿地方整備局神戸港湾事務所は、平成21年度補正で予算化された神戸港のスーパー中枢港湾関連事業の早期着工準備を進めている。神戸港湾空港技術調査事務所を通じて、構造形式などを早期にまとめ、概略設計と詳細設計を外部神戸港スパ中のポートアイランド2期地区の補正予算対応事業は、C14~17の4バースを耐震強化するほか、C16、17の2バースはマイナス16mに増深する。

【港湾空港タイムス】
######################################
 発行者:RPPC広報部会
 部会長:本野 晃郎  パシフィックコンサルタンツ(株)
 部会員:藤原 敏光  五洋建設(株)
      門脇 直哉  新日本製鐵(株)
      座間味 康喜 東京都

 リサイクルポート推進協議会事務局
 (財団法人 港湾空間高度化環境研究センター内)
 担当:首藤、新谷、大田
 URL:www.rppc.jp E-mail:rppc@wave.or.jp

 ※会員主催や会員に関係した催し物(セミナーなど)の情報がありましたら
   ご連絡下さい。
   開催案内等の情報をメールマガジンで配信いたします。
 
 ※メールマガジンに対する意見、要望がありましたらご連絡下さい。
######################################
<< 前へ 第289号 次へ >>

一覧へ戻る