メールマガジン
<< 前へ 第297号 次へ >>

一覧へ戻る

RPPCメール
リサイクルポート推進協議会
  第297号(平成21年8月19日発行)

======================================
《RPPC活動予定表》
★8/26 調査・研究部会 汚染土壌事業化分科会
       15:00~   (財)WAVE会議室
======================================
《リサイクルポートに関連する最新の情報》
1. 国土交通省港湾局が「総価契約単価合意方式実施要領」等を通達
2.舞鶴港前島地区で岸壁改良事業が進む
3.21年度「みなと振興交付金」、近畿地整が洲本市長に認定証
======================================
《リサイクルポートに関連する最新の情報》
1. 国土交通省港湾局が「総価契約単価合意方式実施要領」等を通達

 国土交通省港湾局は、港湾空港工事における出来高部分払いの円滑実施に向け、同運用にあたってのベースとなる「総価契約単価合意方式実施要領」、「施工プロセスを通じた検査方式実施要領」ならびに「出来高部分払方式試行実施要領」をこのほど各地方整備局等に通達した。
 港湾局では発注者と請負企業の双務性向上や請負企業のキャッシュフロー改善を目的に、プロジェクトXの試行工事を対象に1ケ月程度で部分払いを実施することにしている。ただ同運用にあたっては、発注者及び受注者の円滑な単価合意が不可欠であると共に、部分払いに対する作業量の軽減につながる標準出来高確認指針などが必要とされていた。今回「総価契約単価合意方式実施要領」等が通達されたことにより今後、出来高部分払いの試行が本格化する見通し。

【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
2.舞鶴港前島地区で岸壁改良事業が進む

 近畿地方整備局舞鶴港湾事務所は、舞鶴港前島地区の複合一貫輸送ターミナルの増深・改良事業を促進している。今年度は補正予算を活用して昨年度までに改良を終えた区間を対象に舗装工事等を実施する。
舞鶴港前島地区の複合一貫輸送ターミナルの改良事業は、同ふ頭に就航しているフェリーの大型化に対応し、既設のマイナス8m岸壁延長266mをマイナス9mに増深するとともに、岸壁を新たに約20m伸ばして総延長286mの岸壁とする。
 既設岸壁は裏埋部分を軽量材に置換えて土圧を軽減し、前面を増深する工法を採用。また岸壁の延長部分は工期が少なくて済む桟橋式で対応することにしている。 
 今年度の改良工事によって既設岸壁部分の改良は終了し、来年度以降に新たな岸壁延長部分着工していく方針。

【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
3.21年度「みなと振興交付金」、近畿地整が洲本市長に認定証

 近畿地方整備局は「みなと振興交付金」の21年度新規着工事業として、兵庫県洲本市の古茂江港古茂江地区・由良港生石地区を採択、8月4日に小野副局長が柳洲本市長に認定証を交付した。
 古茂江港古茂江地区と由良港生石地区における「みなと振興交付金」の計画内容は、「古茂江港・由良港と周辺観光資源との連携による魅力あるみなとまちづくり」がテーマ。古茂江港において親水護岸の改良、由良港で観光桟橋の改良を行うほか、由良港においては交流広場の整備も予定されている。計画期間は21年度~25年度で、総事業費は2億2700万円。うち交付金は9000万円。

【港湾空港タイムス】
###############################
 発行者:RPPC広報部会
 部会長:本野 晃郎  パシフィックコンサルタンツ(株)
 部会員:藤原 敏光  五洋建設(株)
      門脇 直哉  新日本製鐵(株)
      座間味 康喜 東京都

 リサイクルポート推進協議会事務局
 (財団法人 港湾空間高度化環境研究センター内)
 担当:首藤、吉野、大田
 URL:www.rppc.jp E-mail:rppc@wave.or.jp

 ※会員主催や会員に関係した催し物(セミナーなど)の情報がありましたら
   ご連絡下さい。
   開催案内等の情報をメールマガジンで配信いたします。
 
 ※メールマガジンに対する意見、要望がありましたらご連絡下さい。
################################


<< 前へ 第297号 次へ >>

一覧へ戻る