メールマガジン
<< 前へ 第330号 次へ >>

一覧へ戻る

RPPCメール
リサイクルポート推進協議会
  第330号(平成22年4月21日発行)
======================================
《RPPCからのお知らせ》
★リサイクルポート推進協議会 総会決まる
 
 平成22年度のリサイクルポート推進協議会 総会が下記日程で開催される事 となりました。詳細は確定後お知らせ致します。会員皆様のご出席を宜しくお願いします。  

    開催日 平成22年 6月7日 午後
    場所 九段会館

【事務局】
======================================
★情報募集

 《RPPCのお知らせ》、《RPPC会員からのお知らせ》につきまして、「会員各社の保有技術」や「会員会社主催の講習会」などのPR等を目的として、会員各位からの情報を広く募集し、メールマガジンにて以下の募集要項に従い記載していく予定です。

募集要項
:E-mailにて事務局まで投稿下さい。
  ※記事の責任者のお名前・役職とご連絡先をご記入願います。
:原稿は簡便な内容としてください。(200字までを目安)
:写真・図表を伴う原稿はPDFファイル形式の添付とさせて頂きますが、大きなファイルサ
イズは配信できない場合があります。
:募集は常時受け付けています。

投稿頂いた原稿は、原則、すべて原文のまま掲載する予定ですが、広報部会と事務局により内容を確認の上、掲載することが不適当と判断される場合は、修正もしくは不採用とさせて頂く場合もあります。皆様の数多くの応募をお待ちしております。

【広報部会・事務局一同】
======================================
《リサイクルポートに関連する最新の情報》
1.国土交通省、第5回国際バルク戦略港湾検討委員会開催
2.国土交通省、第11回成長戦略会議を開催
3.北九州市ら、「北部九州港湾」を国際コンテナ戦略港湾に応募
======================================
《リサイクルポートに関連する最新の情報》
1.国土交通省、第5回国際バルク戦略港湾検討委員会開催

 国土交通省は4月15日、第5回国際バルク戦略港湾検討委員会を開催し、前回に続いて国際バルク戦略港湾の目指すべき姿や公募の手順、選定基準等について議論した。次回の委員会(5月20日開催予定)で委員会としての最終的なまとめを行い、5月下旬~6月上旬より公募を開始する予定。
 今回の委員会での主な意見としては、▽ハード面のみならず、内航フィーダー輸送料金の低減も重要であるといったことも目指すべき姿に盛り込むべきではないか、▽港湾管理者が連携して応募する仕組みにすべきではないか、▽選定基準の尺度として評価項目ごとに割り振っている配点について、品目毎にその配点ウェイトを変えるべきではないか、 など。


【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
2.国土交通省、第11回成長戦略会議を開催

 国土交通省は4月13日、第11回成長戦略会議(座長・長谷川閑史武田薬品工業社長)を開催し、昨秋以降議論を進めてきた海洋、観光、航空、国際展開、住宅都市の5分野についての重点項目を中間報告としてまとめた。5月末に最終提言する。
 今回の中間報告では、海洋分野については別途作業が進んでいる国際戦略港湾検討委員会の成果も踏まえながら、産業の競争力強化に向けた港湾の「選択」と「集中」、並びに選定された国際コンテナ戦略港湾への貨物集約のための総合対策方針などを盛り込んでいる。また航空分野では、羽田・成田の両空港を合わせて52万回から75万回と現状の4割以上を増加させる抜本的な容量拡大方策。近畿圏については、伊丹空港も活用しながら関西国際空港の抜本的なバランスシート改善策を講じる。


【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
3.北九州市ら、「北部九州港湾」を国際コンテナ戦略港湾に応募

 北九州市と福岡市は、「北部九州港湾」として国が選定作業に入っている国際コンテナ戦略港湾に応募し、中国や東南アジアとの近接性を活かした新たな戦略を練っている。今後、周辺で立地が進む産業基盤も背景に、我が国の選択と集中を担える港湾のビジネスモデルとして、5月に予定される2次ヒアリングに向けて準備を進めている。
 北九州市は福岡市と連携し、4月2日に開催された第4回国際コンテナ戦略港湾検討委員会において、「北部九州港湾」としての提案内容を委員に説明した。
 同提案書では、アジアを核とした物流大動脈形成の動きに呼応、シームレスアジアとして、東アジアに近接すると共に、北米、欧州の基幹航路に接した北部九州港湾が、我が国のゲートウェイを担う姿を描いている。この中で北九州港では、ひびきコンテナターミナルの基盤施設を活用・強化し、隣接した埋立地で企業集積の進む環境産業やエネルギーパークなどと連携した「ひびきロジスティクスパーク」を提案している。


【港湾空港タイムス】
###############################
 発行者:RPPC広報部会
 部会長:本野 晃郎  パシフィックコンサルタンツ(株)
 部会員:藤原 敏光  五洋建設(株)
      門脇 直哉  新日本製鐵(株)
      柳井 健二 東京都

 リサイクルポート推進協議会事務局
 (財団法人 港湾空間高度化環境研究センター内)
 担当:首藤、吉野、大田
 URL:www.rppc.jp E-mail:rppc@wave.or.jp

 ※会員主催や会員に関係した催し物(セミナーなど)の情報がありましたら
   ご連絡下さい。
   開催案内等の情報をメールマガジンで配信いたします。
 
 ※メールマガジンに対する意見、要望がありましたらご連絡下さい。
################################

<< 前へ 第330号 次へ >>

一覧へ戻る