メールマガジン
<< 前へ 第348号 次へ >>

一覧へ戻る

RPPCメール
リサイクルポート推進協議会
  第348号(平成22年9月1日発行)

========================================
《今週の報道発表》

「国際バルク戦略港湾検討委員会」における各応募者の計画書(目論見)の概要
http://www.mlit.go.jp/report/press/port01_hh_000045.html
(平成22年8月27日)

【国土交通省】
========================================
《リサイクルポートに関連する最新の情報》
1.国土交通省、平成23年度概算要求で港湾整備事業前年度10%増(国費)。
2.交通政策審議会港湾分科会第1回事業評価部会を開催
3.福山港を国際バルク戦略港湾に要望
========================================
《リサイクルポートに関連する最新の情報》
1.国土交通省、平成23年度概算要求で港湾整備事業前年度10%増(国費)。

 国土交通省は8月27日、総額で一般会計予算総額5兆7079億円(対前年度比1・02倍)とする平成23年度概算要求額をまとめた。うち公共事業関係費は4兆8342億円で対前年度1・00倍。
 こうした中、港湾整備事業費は2603億5000万円で、前年度の2395億5300万円に対して1・084倍と高い伸びになっている。
 国費ベースの要求額は1834億円で対前年度1・108倍。
 施策別では、国際コンテナ戦略港湾(阪神港・京浜港)のハブ機能を強化するためのインフラ整備と貨物集約等総合的な対策として、合わせて事業費543億円、前年度比2・14倍を上げている。
 国土交通省は成長戦略で海洋分野を重点化していくことを明らかにしている。


【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
2.交通政策審議会港湾分科会第1回事業評価部会を開催

 国土交通省港湾局は8月25日、交通政策審議会港湾分科会第1回事業評価部会(黒田部会長)を開催した。平成23年度予算に向けた港湾整備事業8件、並びに港湾局所管海岸事業2件を対象とする直轄新規事業採択時評価について審議し、10事業いずれも整備の必要妥性があると答申した。港湾局では23年度の新規直轄事業として要求する。
 当日審議の対象になった事業は以下の通り。
 
 【港湾整備事業】
 ▽苫小牧(西港区商港地区複合一貫輸送ターミナル改良事業)、 ▽函館(北ふ頭地区複合一貫輸送ターミナル整備事業)、 ▽仙台塩釜(仙台港区中野地区国際物流ターミナル整備事業)、 ▽境(外港中野地区国際物流ターミナル整備事業)、 ▽細島(白浜地区国際物流ターミナル整備事業)、 ▽鹿児島(新港区複合一貫輸送ターミナル改良事業)、 ▽竹富南航路(航路整備事業)、▽沖ノ鳥島
 
 【海岸事業】
 ▽津松阪(直轄海岸保全施設整備事業)、 ▽指宿(直轄海岸保全施設整備事業)

【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
3.福山港を国際バルク戦略港湾に要望

 広島県空港港湾局は国が選定作業に入っている「国際バルク戦略港湾」について、JFEスチールらと共に福山港の選定を働き掛けている。現在の福山港はマイナス16mの航路を有しているが、これを大水深化することでケープサイズ船の入港を可能にし、輸送コストの低減~国際競争力の強化に繋げて行く。
 提案プランでは、マイナス18m程度、鉄鉱石積載量で約20万トン(現状は最大17万トン)の船舶が入港できる航路を具体化する方針。併せて瀬戸内海の備讃瀬戸北航路を現状の水深マイナス19mから20m程度に増深する提案もしている。
 鉄鉱石を対象とするバルク港湾には福山港のほか、鹿島港(住友金属工業)、木更津港(新日鐵)の3港が応募している。


【港湾空港タイムス】
##############################
 発行者:RPPC広報部会
 部会長:本野 晃郎  パシフィックコンサルタンツ(株)
 部会員:藤原 敏光  五洋建設(株)
      門脇 直哉  新日本製鐵(株)
      柳井 健二  東京都

 リサイクルポート推進協議会事務局
 (財団法人 港湾空間高度化環境研究センター内)
 担当:首藤、築地、大田
 URL:www.rppc.jp E-mail:rppc@wave.or.jp

 ※会員主催や会員に関係した催し物(セミナーなど)の情報がありましたら
   ご連絡下さい。
   開催案内等の情報をメールマガジンで配信いたします。
 
 ※メールマガジンに対する意見、要望がありましたらご連絡下さい。
################################
<< 前へ 第348号 次へ >>

一覧へ戻る