メールマガジン
<< 前へ 第421号 次へ >>

一覧へ戻る

RPPCメール
リサイクルポート推進協議会
  第421号(平成24年2月15日発行)

【今週号の主な内容】
 ■《今週の報道発表》  4 件
 ■《事務局よりお知らせ》
     ★RPPCホームページ 震災支援関連情報リンク集(毎週更新)について
 ■《リサイクルポートに関連する最新の情報》
  1.港湾関係第4次補正は事業費147億7600万円
  2.国際コンテナ戦略港湾検討委員会」第9回会合開催
  3.博多港振興セミナーを開催
  4.名古屋港管理組合ら、名古屋港懇談会を開催
======================================
《今週の報道発表》

中央環境審議会第67回総合政策部会の開催について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14780
平成24年2月6日
【環境省】

平成24年度予算案における環境保全経費の概要について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14807
平成24年2月10日
【環境省】

平成24年度静脈産業の海外展開促進のための実現可能性調査等支援事業の公募について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14813
平成24年2月13日
【環境省】

中央環境審議会循環型社会計画部会(第69回)の開催について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14814
平成24年2月13日
【環境省】
======================================

《事務局よりお知らせ》

★RPPCホームページ 震災支援関連情報リンク集(毎週更新)について

先週の、震災支援関連情報リンク集の更新箇所【NEW】は、11件でした。
 詳しくは、下記リンク先より、ご確認をお願いいたします。
  【RPPC 震災復旧・復興支援 関連情報リンク集】
   http://www.rppc.jp/futtukou_link.html

【事務局】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

《リサイクルポートに関連する最新の情報》

1.港湾関係第4次補正は事業費147億7600万円

 平成23年度の港湾関係第4次補正は事業費147億7600万円(うち国費99億6500万円)が配分された。港湾海岸事業は事業費14億1000万円。いずれもゼロ国債対応予算。
 23年度第4次補正予算は、積雪寒冷地等の施工期間に制限があるなど、早期の工事着手が必要な事業について、ゼロ国債により効率的な事業進捗を図る。
 港湾整備事業費総額147億7600万円の内訳は、直轄事業123億4600万円、補助24億3000万円。配分額の大きな港湾としては、新潟港に15億5000万円、釧路港に16億9200万円など。
 
【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
2.国際コンテナ戦略港湾検討委員会」第9回会合開催

 国土交通省港湾局は2月6日、国際コンテナ戦略港湾政策のフォローアップとして「第9回国際コンテナ戦略港湾検討委員会」を開催した。阪神・京浜両港の関係者から、港湾運営会社指定に向けた検討状況等について聞いた。
 検討委員会の冒頭、室井国土交通大臣政務官は「先月、基幹航路を運航しているCMC-CGM社、マースク社ならびにフランス、デンマーク政府に戦略港湾を説明するとともに、基幹航路の維持拡大を求めてきた。船社からコスト低減に期待する声を多く頂き、本政策を推進する必要性を改めて感じた」と述べ、目標の早期実現を図っていきたいと話した。

【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
3.博多港振興セミナーを開催

 福岡市、(社)博多港振興協会主催による「博多港振興セミナー」が2月8日、ホテルオークラ東京において開かれた。髙島福岡市長が「東アジアに近接した博多港の特質を活かし、皆様の支援、協力を得て日本を代表する港に育てて行きたい」と話し、一層の港の活用を呼び掛けた。また「世界の成長点は東アジアにあり、博多港が担う役割は大変大きい。博多港を日本海側拠点港にとどまらず日本の中の拠点港を目指して取組んで行きたい」、と抱負を語った。

【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
4.名古屋港管理組合ら、名古屋港懇談会を開催

 名古屋港管理組合など5団体は2月3日、品川プリンスホテルで「名古屋港懇談会」開催した。
 山田孝嗣名古屋港管理組合専任副管理者が、「国際産業ハブ港名古屋港」と題して同港の概要等を説明。この中で昨年の名古屋港の港勢として、総取扱貨物量が10年連続日本一となったことや外貿貨物も2年連続増加、太宗貨物も好調であったと説明。そして「今後、バルク大型船舶に対応できる施設整備を進めるとともに、老朽化したサイロや工場を移転集約できる新たなコンビナートを形成し公設民営化を推進するなど、国際競争力強化に向けた取組みを進めて行く」と話した。

【港湾空港タイムス】
####################################
 発行者:RPPC広報部会
 部会長:本野 晃郎  パシフィックコンサルタンツ(株)
 部会員:五月女 洋  五洋建設(株)
     門脇 直哉  新日本製鐵(株)
     柳井 健二  東京都

 リサイクルポート推進協議会事務局 一般財団法人みなと総合研究財団(内)
 担当:首藤、築地、小高  URL:www.rppc.jp E-mail:rppc@wave.or.jp
 ※会員主催や会員に関係した催し物(セミナーなど)の情報がありましたら
  ご連絡下さい。
  開催案内等の情報をメールマガジンで配信いたします。
 ※メールマガジンに対する意見、要望がありましたらご連絡下さい。
####################################
<< 前へ 第421号 次へ >>

一覧へ戻る