メールマガジン
<< 前へ 第426号 次へ >>

一覧へ戻る

RPPCメール
リサイクルポート推進協議会
  第426号(平成24年3月21日発行)

【今週号の主な内容】
 ■《今週の報道発表》    2 件
 ■《事務局よりお知らせ》
     ★リサイクルポート推進協議会 総会の日程が決定致しました
     ★RPPCホームページ 震災支援関連情報リンク集(毎週更新)について
 ■《リサイクルポートに関連する最新の情報》
  1. 3月12日、国土交通省港湾局が第1回港湾懇談会を開催
  2. 3月12日、交通政策審議会第48回港湾分科会を開催
3.日建連海洋開発委員会が技術講演会
======================================
《今週の報道発表》

第二次循環型社会形成推進基本計画の進捗状況の第4回点検結果について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14984
平成24年3月16日
【環境省】

交通政策審議会第48回港湾分科会の議事概要
http://www.mlit.go.jp/report/press/port01_hh_000108.html
平成24年3月12日
【国土交通省】
======================================
《事務局よりお知らせ》

★リサイクルポート推進協議会 総会の日程が決定致しました。
 
 平成24年度のリサイクルポート推進協議会 総会が下記日程で開催致します。
 詳細はおってお知らせ致します。
 何卒ご出席下さいますよう、お願い申し上げます。

    開催日  平成24年 6月4日(月) 午後
    場 所   海運クラブ (千代田区)
【事務局】
======================================
★RPPCホームページ 震災支援関連情報リンク集(毎週更新)について

先週の、震災支援関連情報リンク集の更新箇所【NEW】は、10 件でした。
 詳しくは、下記リンク先より、ご確認をお願いいたします。

  【RPPC 震災復旧・復興支援 関連情報リンク集】
   http://www.rppc.jp/futtukou_link.html

【事務局】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
《リサイクルポートに関連する最新の情報》

1.3月12日、国土交通省港湾局が第1回港湾懇談会を開催

 国土交通省港湾局は3月12日、港湾政策として今後中長期的に取組む政策課題や検討すべき論点を整理するため、港湾分科会委員をメンバーとする第1回港湾懇談会を開催した。今後2カ月に1回程度の頻度で開催し有識者・物流事業者・荷主企業など関係者からのヒアリングなどをもとに年内にも取りまとめる。
 最近の港湾政策については国際競争力の強化を旗印に「選択」と「集中」による重点化として、国際コンテナ戦略港湾の選定(H22年)、港湾運営会社制度の導入(23年)、国際バルク戦略港湾の選定(同)、日本海側拠点港の選定(同)等が実施に移されてきた。今回議論が始まった港湾懇談会は、こうした施策を発展させつつ、港湾行政として次の政策目標立案に当たっての取組むべき課題や検討すべき論点に活かしていく。
 議論の視点は①国際競争力の強化として、▽我が国を取り巻く経済情勢(円高、各国間の経済連携等)、▽発展が見込まれるアジア港湾との連携、▽新たな物流ルート(北極海航路等)。
②我が国の安全・安心の確保として、▽資源・エネルギー(LNG、メタンハイドレート等)、▽国 境離島、▽瀬戸内・津軽海峡など国際航路、▽臨海工業地帯等の防災。
③港湾利用・管理の効率化として、▽港湾空間の効率的な利用、▽国家戦略としての港湾整備、管理、運営、▽広域的な港湾機能の分担や重点化。
④環境問題等への対応として、▽循環型社会や低炭素型社会など。
【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
2. 3月12日、交通政策審議会第48回港湾分科会を開催

 国土交通省は3月12日、交通政策審議会第48回港湾分科会を開催し、港湾計画案件として苫小牧港、金沢港、厳原港、千葉港、伏木富山港、名古屋港、清水港の各一部変更計画について審議し、いずれも原案通り了承した。同日の分科会ではこのほか「大阪湾圏域広域処理場整備基本計画」について審議了承したほか、国土交通省港湾局が、「港湾における風力発電の導入促進」、「東日本大震災における港湾の被災から復興まで」、について報告した。
 一部変更計画審議のうち、千葉港、伏木富山港は耐震強化岸壁、また名古屋港、清水港は国際バルク戦略港湾計画に対応した内容への変更となっている。
【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
3.日建連海洋開発委員会が技術講演会

 (社)日本建設業連合会の海洋開発委員会は3月14日、海洋開発技術講演会「海洋立国を支える建設技術」を開催した。「羽田空港処理容量拡大策」、「海洋管理の視点に立った遠隔離島の役割に関する検討」、「東日本大震災を踏まえた津波対策技術に関する検討」、の3テーマについて専門部会の各担当者から報告があった。また特別講演として外交評論家の岡本行夫氏が「急展開する国際情勢と日本の対応」と題して講演した。

【港湾空港タイムス】
####################################
 発行者:RPPC広報部会
 部会長:本野 晃郎  パシフィックコンサルタンツ(株)
 部会員:五月女 洋  五洋建設(株)
     門脇 直哉  新日本製鐵(株)
     柳井 健二  東京都

 リサイクルポート推進協議会事務局 一般財団法人みなと総合研究財団(内)
 担当:首藤、築地、小高  URL:www.rppc.jp E-mail:rppc@wave.or.jp
 ※会員主催や会員に関係した催し物(セミナーなど)の情報がありましたら
  ご連絡下さい。
  開催案内等の情報をメールマガジンで配信いたします。
 ※メールマガジンに対する意見、要望がありましたらご連絡下さい。
####################################
<< 前へ 第426号 次へ >>

一覧へ戻る