メールマガジン
<< 前へ 第467号 次へ >>

一覧へ戻る

RPPCメール
リサイクルポート推進協議会
                    第467号(平成25年1月30日発行)

【今週号の主な内容】
 ■《今週の報道発表》 今週の報道発表はございません。
 ■《リサイクルポートに関連する最新の情報》
  1.平成24年度第2回「重要港湾管理者等主幹課長会議」を開催
  2.次期総合物流施策大綱策定へ第3回会合
  3.「港湾関係団体新春賀詞交歓会」開催
==========================================
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ -・-・
《リサイクルポートに関連する最新の情報》

1.平成24年度第2回「重要港湾管理者等主幹課長会議」を開催 
 
国土交通省港湾局は1月21日、平成24年度第2回「重要港湾管理者等主幹課長会議」を開催した。24年度補正予算、25年度予算編成スケジュールを初め、国交省港湾局が進めている主要施策や重点事項について各担当課が説明し、会議参加者からの質問に答える形で意見交換した。
当日は全国の港湾管理者から港湾関係部局の主幹課長、ならびに地方整備局の担当者らが出席した。
会議では山縣港湾局長が港湾行政に係る最近の動きを紹介するとともに、「防災と物流施策を両輪の輪として進めて行くことが港湾行政に課せられたミッション」と述べ、国、地方自治体がその意識を共有し実現に向けて取組んで参りたい、と協力を求めた。

【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
2.次期総合物流施策大綱策定へ第3回会合

国土交通省は1月21日、次期総合物流施策大綱(2013~2017年)の策定に向け、「新しい総合物流施策大綱の策定に向けた有識者検討委員会(委員長:杉山武彦成城大学教授)」の第3会合を開いた。今回は陸運、メーカーの委員からプレゼンテーションが行われ、港湾機能の強化並びに利便性向上等を求める意見が出された。今年4月までに提言をとりまとめる方針。今年7月の閣議決定を目指している。
当日は現状の課題等を抽出するため、委員会メンバーの川崎陸送、結城運輸倉庫、トヨタ自動車がプレゼンを行い、直面している課題や要望などを報告した。
【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
3.「港湾関係団体新春賀詞交歓会」開催

(社)日本港湾協会(三村明夫会長)など港湾関係4団体主催による平成25年「港湾関係団体新春賀詞交歓会」が1月23日、ANAインターコンチネンタルホテル東京で開かれた。同交歓会には来賓として国土交通省から太田大臣、梶山副大臣、鶴保副大臣、赤澤政務官の政務三役からそれぞれ挨拶があったほか、衆参両院から80名を超す国会議員が出席するなど、大きな賑わいを見せた。
当日は主催者を代表して三村会長が、「本年が我が国の希望と輝きを取り戻すきっかけとなり、東日本大震災からの復興を更に推し進められる年になることを祈念している」と挨拶。また来賓として、太田国交相が「公共事業の新しいスタートの年になる。港湾の整備をしっかり進め、防災や物流機能の向上に力を入れる」と述べた。

【港湾空港タイムス】
##########################################
 発行者:RPPC広報部会
 部会長:本野 晃郎   パシフィックコンサルタンツ(株)
 部会員:細貝 隆司   五洋建設(株)
徳田 英司   新日鐵住金㈱
丸山 裕之   東京都
 リサイクルポート推進協議会事務局 一般財団法人みなと総合研究財団(内)
 担当:首藤、大矢、小高  URL:www.rppc.jp E-mail:rppc@wave.or.jp
 ※会員主催や会員に関係した催し物(セミナーなど)の情報がありましたらご連絡下さい。
  開催案内等の情報をメールマガジンで配信いたします。
 ※メールマガジンに対する意見、要望がありましたらご連絡下さい。
##########################################
<< 前へ 第467号 次へ >>

一覧へ戻る