メールマガジン
<< 前へ 第484号 次へ >>

一覧へ戻る

RPPCメール
リサイクルポート推進協議会
  第484号(平成25年5月29日発行)

【今週号の主な内容】
 ■《今週の報道発表》 今週の報道発表はございません
 ■《RPPC事務局・広報部会よりお知らせ》
          ★リサイクルポート推進協議会 総会のご案内
 ■《リサイクルポートに関連する最新の情報》
  1.国土交通省、リサイクルポートを活用した循環資源の広域流動調査
  2.新門司沖処分場(2期)の利活用検討調査
==========================================
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
《事務局からのお知らせ》

★リサイクルポート推進協議会 総会のご案内
 
 平成25年度の「リサイクルポート推進協議会 総会」について、開催案内状を会員団体の皆様宛に送付致します。
今年も総会の前後に、「ミニセミナー」と会員相互の情報交換を目的とした「会員交流会」を開催します。こちらも併せてご案内申し上げます。
会員皆様のご出席をお待ち申し上げております。

【総会ハガキ・ ミニセミナー/会員交流会申込書について】

●総会ハガキは、集計手続き上、ご出席・ご欠席にかかわらず 必ずご返信頂きますよう、 宜しくお願い申し上げます。

●「ミニセミナー/会員交流会」 ご出席ご希望の方は添付の申込書に必要事項を ご記入の上、事務局までFAXにてお申込頂きますようお願いいたします。

【 総 会 】 開催日時:平成25年6月4日(火)16:10~17:15

      場 所:第一ホテル東京シーフォート 3階ハーバーサーカス

【ミニセミナー】(総会開催前)
      開催時間:14:30~15:20
      場 所:総会と同一会場

  「平成25年港湾法の改正案について」    
      講演者:国土交通省 港湾局海岸・防災課 危機管理室長 石橋 洋信

  「港湾における総合的低炭素化施策の推進について」
      講演者:国土交通省 港湾局海洋・環境課 港湾環境政策室長 杉中 洋一

【会員交流会】(総会終了後) 開催時間:17:30~
      場 所:第一ホテル東京シーフォート 28階 トップ・オブ・ザ・ベイ
      
       参 加 費:3,000円/人

なお、当日は環境省推進のクールビズにて対応させて頂きますことをご了承ください。
また、来場者の方々も当日の服装はクールビズでお越しくださいますよう、お願い致します。

【事務局】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
《リサイクルポートに関連する最新の情報》

1. 国土交通省、リサイクルポートを活用した循環資源の広域流動調査

 国土交通省港湾局は今年度、リサイクルポート(総合静脈物流拠点港)を活用した循環資源の広域流動促進等に向けた調査・検討を行う。循環資源の流動実態把握調査を行うとともに、海上輸送を可能とするシステム(センター機能)の有効性について検討を進める。また来年度は同検討結果を踏まえ、小口循環資源輸送の実証事業を行う見通し。
 循環資源については、石炭灰や鉄鋼スラグ等の一部大口貨物を除き、現状では大半が陸送されている。循環資源の海上輸送へのモーダルシフト化が進めば、輸送コストやCO2の低減に有効であるほか、従来利用されていない資源のリサイクル率の向上が期待できる。
 このため港湾局では今年度、現状の課題を把握するため循環資源の流動実態調査を行う。排出から処理に至る過程を一貫して把握することで、海上輸送への潜在的な需要やボトルネックを明らかにする。また同結果を踏まえ、これまで海上輸送があまり行われてこなかった小口貨物(汚泥、燃料灰、シュレッダー等)の広域利用促進策について検討する。

【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
2.新門司沖処分場(2期)の利活用検討調査

 九州地方整備局北九州港湾・空港整備事務所は今年度、新門司沖処分場(2期)の利活用検討調査を行う。同処分場については関係機関との協議が整い次第、環境アセスメント手続きを順次進めて行く段階になっているが、その後の公有水面埋立承認申請にあたっては埋立後の土地利用についても示す必要があり、同調査を通じて関係自治体と協議し構想をまとめる。
同調査では埋立地の利活用事例を収集すると共に、現地における利活用ニーズを把握。併せて自然・海象、アクセス、インフラ、ならびに空港制限などの立地条件事項をまとめる。利活用ニーズでは、港湾・空港関係、物流、産業、防災、再生エネなどに係る将来需要も把握して整理する。
【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
##########################################
 発行者:RPPC広報部会
 部会長:細貝 隆司   五洋建設(株)
 部会員:本野 晃郎   パシフィックコンサルタンツ(株)
徳田 英司   新日鐵住金㈱
堀江 良彰   東京都
 リサイクルポート推進協議会事務局 一般財団法人みなと総合研究財団(内)
 担当:首藤、森谷、大矢、小高  URL:www.rppc.jp E-mail:rppc@wave.or.jp
 ※会員主催や会員に関係した催し物(セミナーなど)の情報がありましたらご連絡下さい。
  開催案内等の情報をメールマガジンで配信いたします。
 ※メールマガジンに対する意見、要望がありましたらご連絡下さい。
##########################################
<< 前へ 第484号 次へ >>

一覧へ戻る