メールマガジン
<< 前へ 第508号 次へ >>

一覧へ戻る

RPPCメール
リサイクルポート推進協議会
                    第508号(平成25年12月6日発行)

【今週号の主な内容】
 ■《今週の報道発表》        1 件
 ■《RPPC・広報部会からのお知らせ》
★RPPC活動予定
   ★リサイクルポート講演会のご案内
   ★「平成25年度 リサイクルポートセミナー」開催のご案内
 ■《リサイクルポートに関連する最新の情報》
  1.自民党港湾議連が総会開催。26年度予算の満額確保を決議
  2.日建連海洋開発委員会が7つの専門部会設置
  3.中部空港二本目滑走路建設期成同盟会が、国土交通省に要望
==========================================
《今週の報道発表》

平成25年度有害廃棄物の不法輸出入防止に関する アジアネットワークワークショップの
結果について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17428
平成25年11月26日
【環境省】
==========================================
《RPPC活動予定》
★12/9 調査研究部会 汚染土壌事業化分科会
     10:00~ (一財)みなと総合研究財団 3F会議室
★12/19 広報部会
     13:00~ (一財)みなと総合研究財団 3F会議室
==========================================
《RPPC会員からのお知らせ》
三池港(大牟田市)から、『リサイクルポート講演会のご案内』を頂きましたので、会員の皆様にお知らせします。

              記

日 時:平成26年1月31日(金)15:00~16:30
場 所:大牟田市エコサンクセンター 3階会議室
演 題:リサイクルポートのビジネスモデルと酒田港の取組
講演者:株式会社 酒田港リサイクル産業センター
      代表取締役 加賀谷 聡一 氏

*詳細は添付の資料をご覧下さい。
==========================================
《RPPC・広報部会からのお知らせ》

★リサイクルポート推進協議会主催
  「平成25年度 リサイクルポートセミナー」開催のご案内

 当協議会では、リサイクルポートに関連する最新情報の共有を図るとともに、リサイクルポート推進協議会活動を広く一般に啓発することを目的とした「リサイクルポートセミナー」を開催しています。
 今年度のリサイクルポートセミナーは、来たる平成26年1月16日に、下記要領で開催します。会員皆様の全国からのご参集をお待ちしております。また、会員以外の方のご参加も歓迎しております。
詳細につきましては、決定し次第ご案内いたします。



開催日時:平成26年1月16日(木)
場 所: 第一ホテル東京シーフォート 3階ハーバーサーカス
〒140-0002 東京都品川区東品川2-3-15
◆講演内容(予定)
(第1部:建設副産物等リサイクルにおける最近の動向)
 講演Ⅰ
「建設リサイクルと復興資材 -地盤工学会復興資材提言委員会における検討状況-(仮)」
講師:京都大学 大学院地球環境学堂 勝見 武教授
行政報告
「最近の港湾環境行政の動き(仮)」
講師:国土交通省 港湾局
(第2部:海上輸送ネットワークを活かした広域リサイクルビジネス)
 講演Ⅱ
「静脈物流の海上コンテナ輸送について」
講師:井本商運株式会社代表取締役 井本 隆之
 講演Ⅲ
「リサイクルビジネスにおける海上輸送の可能性(仮)」(検討中)
講師:未定
                                                  以上                        
【広報部会・事務局】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
《リサイクルポートに関連する最新の情報》

1.自民党港湾議連が総会開催。26年度予算の満額確保を決議

 自由民主党の港湾議員連盟(望月義夫会長、会員170名)は11月27日、党本部において総会を開いた。26年度の港湾関連予算の必要額確保を満場一致で決議すると共に、我が国港湾の強化策などについて議論した。国土交通省の山縣港湾局長から港湾行政を巡る最近の動きについて説明を受けると共に、日本港湾協会の鬼頭理事長、ならびに日本港湾空港建設協会連合会の川嶋会長からそれぞれ要望を聴いた。議員からは国際コンテナ戦略港湾に関する国際競争力の強化に繋がる施策の推進、国際バルク戦略港湾における国負担割合のアップ、地域の安全安心に繋がる防災施設整備などについて突っ込んだ意見・要望が出された。また同日、望月会長を初めとする有志が26年度予算の確保に向け財務省に緊急要望活動を行った。

【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
2.日建連海洋開発委員会が7つの専門部会設置

 日本建設業連合会(日建連)海洋開発委員会(委員長・毛利茂樹東洋建設社長)は、洋上風力発電
や羽田空港の更なる処理容量の拡大などの要請に応えるため、常設している3部会の下に7つの専門部会を設置した。
 日建連海洋開発委員会では常設の部会として、「海洋基本計画推進部会」、「技術部会」、「空港部
会」、の3部会を設けている。今回、この常設部会の下に新たに7テーマからなる専門部会を設置、具体的な検討を開始した。「海洋基本計画推進部会」では、①洋上風力発電の事業化促進に関する検討、②新たな海洋産業等の創出支援に関する検討(海底鉱物資源の開発、北極海航路の活用を支える拠点の検討など)、の2専門部会。「技術部会」では、①維持管理・リニューアル技術に関する検討、②港湾における防災・減災技術・震災復興に関する検討、の2専門部会。 また「空港部会」では、①羽田空港の処理容量拡大に関する検討、②羽田空港ターミナル地区の再編計画の検討、③空港の維持管理に関する検討、の3専門部会。

【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
3.中部空港二本目滑走路建設期成同盟会が、国土交通省に要望

 愛知県など東海3県1市と43の経済団体で構成する「中部国際空港二本目滑走路建設促進期成同
盟会」は11月26日、国土交通省に中部国際空港の機能強化に関する要望活動を行った。片桐愛知県副知事等が増井事務次官に要望内容を説明したほか坂井国土交通大臣政務官等に要望書を手渡した。同盟会は平成20年4月に中部国際空港の二本目滑走路の建設促進を目的として設立している。
 今回の要望活動では中部国際機能の完全24時間化の実現等に向けて3点を要望。内容は、▽国は我が国の中枢機能を分担することなど地域の将来の姿を見据え、主体となって必要な調査検討を行うべき、▽完全24時間化に繋がるビジットジャパンキャンペーンなどの実施と航空需要の拡大に向けた取組みの推進、▽空港利用者の利便性向上のためアクセスの充実。

【港湾空港タイムス】
##########################################
 発行者:RPPC広報部会
 部会長:細貝 隆司   五洋建設(株)
 部会員:本野 晃郎   パシフィックコンサルタンツ(株)
徳田 英司   新日鐵住金㈱
堀江 良彰   東京都
 リサイクルポート推進協議会事務局 一般財団法人みなと総合研究財団(内)
 担当:首藤、森谷、大矢、小高  URL:www.rppc.jp E-mail:rppc@wave.or.jp
 ※会員主催や会員に関係した催し物(セミナーなど)の情報がありましたらご連絡下さい。
  開催案内等の情報をメールマガジンで配信いたします。
 ※メールマガジンに対する意見、要望がありましたらご連絡下さい。
##########################################
<< 前へ 第508号 次へ >>

一覧へ戻る