メールマガジン
<< 前へ 第521号 次へ >>

一覧へ戻る

RPPCメール
リサイクルポート推進協議会
                    第521号(平成26年3月19日発行)


【今週号の主な内容】
 ■《今週の報道発表》         今週の報道発表はございません
 ■《RPPC・広報部会からのお知らせ》 
   ★技術開発部会の開催
   ★循環資源利用促進分科会の開催
 ■《リサイクルポートに関連する最新の情報》
  1.港湾分科会第7回事業評価部会を開催
  2.「国土交通省港湾請負工事積算基準」等を改定
  3.「海岸法の一部を改正する法律案」を閣議決定



===================================
《RPPC・広報部会からのお知らせ》


★技術開発部会を下記日程で開催いたします。

             記

日 時:平成26年3月24日(月)15:30~16:30
場 所:(一財)みなと総合研究財団 3階 会議室




★循環資源利用促進分科会を下記日程で開催いたします。 

             記

日 時:平成26年3月24日(月)16:30~17:30
場 所:(一財)みなと総合研究財団 3階 会議室


                                               以上                        
【広報部会・事務局】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
《リサイクルポートに関連する最新の情報》

1.港湾分科会第7回事業評価部会を開催


 交通政策審議会港湾分科会第7回事業評価部会(黒田勝彦部会長)が3月12日に開かれ、平成26年度予算に向けた港湾整備事業及び海岸事業における新規事業採択時評価について審議し、いずれも原案通り適当であると答申した。
 審議案件は、▽釧路港国際物流ターミナル整備事業、▽東京港臨港道路整備事業(南北線)、▽三河港埠頭再編改良事業、▽東予港複合一貫輸送ターミナル整備事業、▽那覇港臨港道路整備事業(若狭港町線)、及び▽指宿港海岸直轄海岸保全施設事業。


【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
2.「国土交通省港湾請負工事積算基準」等を改定


 国土交通省港湾局は3月11日、「国土交通省港湾請負工事積算基準」等の改定内容を発表した。 作業船等が大型化している実態等を反映し、ブロック運搬据付・撤去等の歩掛を改定するほか、根固ブロック製作等で施工パッケージ型積算方式の試行導入を行う。今年4月1日以降から適用する。
 ブロック運搬据付・撤去工等の歩掛を改定する工種は、本体ブロック据付、被覆ブロック据付、根固ブロック据付、消波ブロック据付、ブロック撤去が対象。主な改定内容は、起重機船(非航旋回)300t吊の単価表を新規に策定したほか、海上クレーンや陸上クレーンの大型化、陸上運搬機械の規格改定を考慮した見直しを行っている。



【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
3.「海岸法の一部を改正する法律案」を閣議決定


 政府は3月7日、「海岸法の一部を改正する法律案」を閣議決定した。防災・減災対策の推進に向け、「緑の防潮堤」など粘り強い構造の海岸堤防を海岸保全施設として位置付けるほか、水門・陸閘の操作規則の策定等を義務化する。また海岸保全施設の維持・修繕基準、海岸協力団体制度の創設等を打ち出している。
 同改正は今後発生が懸念されている南海トラフ地震等の災害による大規模な津波、高潮への備えや、老朽化施設への早急な対応が狙い。▽減災機能を有する海岸保全施設整備の推進、▽海岸保全施設の適切な維持管理の推進、▽水門、陸閘等の操作規則等の策定、▽海岸協力団体制度の創設、等といった措置を講じることができるようにする。



【港湾空港タイムス】
##########################################
 発行者:RPPC広報部会
 部会長:徳田 英司   新日鐵住金㈱
 部会員:細貝 隆司 五洋建設(株)
     堀江 良彰 東京都
     加賀谷 聡一 (株)酒田港リサイクル産業センター
     紫牟田 和隆  光和精鉱(株)

 リサイクルポート推進協議会事務局 一般財団法人みなと総合研究財団(内)
 担当:本野、森谷、大矢、鈴木  URL:www.rppc.jp E-mail:rppc_jimukyoku@wave.or.jp
 ※会員主催や会員に関係した催し物(セミナーなど)の情報がありましたらご連絡下さい。
  開催案内等の情報をメールマガジンで配信いたします。
 ※メールマガジンに対する意見、要望がありましたらご連絡下さい。
########################################
<< 前へ 第521号 次へ >>

一覧へ戻る