メールマガジン
<< 前へ 第249号 次へ >>

一覧へ戻る

RPPCメール
リサイクルポート推進協議会
  第249号(平成20年9月3日発行)
================================
○目次
《今週の報道発表》
産業構造審議会環境部会廃棄物・リサイクル小委員会自動車リサイクルWG
中央環境審議会廃棄物・リサイクル部会自動車リサイクル専門委員会第13回
合同会議の開催について(お知らせ)
(平成20年9月1日)

《事務局からのお知らせ》
リサイクルポート指定港における、循環資源取扱状況のデータをHPに掲載しました。

《リサイクルポートに関連する最新の情報》
1.平成21年度港湾関係予算概算要求、国費2623億円(約15%増)
2.全国港湾知事協議会20年度総会開催、港湾の整備・振興を決議
3.徳山下松港を「臨海部産業エリア形成促進港」に指定
================================

《今週の報道発表》
産業構造審議会環境部会廃棄物・リサイクル小委員会自動車リサイクルWG
中央環境審議会廃棄物・リサイクル部会自動車リサイクル専門委員会第13回
合同会議の開催について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=10112
(平成20年9月1日)

【環境省】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
《リサイクルポートに関連する最新の情報》
1.平成21年度港湾関係予算概算要求、国費2623億円(約15%増)

 国土交通省港湾局は平成21年度港湾関係予算概算要求として、港湾整備事業費4284億円(対前年度比1.091)、うち国費2623億円(同1.151)とする施策をまとめて、財務省に要望した。また港湾海岸事業は事業費476億円(1.141)、うち国費283億円(1.142)。
 港湾関係新規施策として、
▼国際複合一貫輸送網改革プログラム
▼旅客船用岸壁におけるターミナルビルへの補助制度創設
▼海洋基本計画に対応する「離島における活動拠点の整備(調査)」
▼港湾行政のグリーン化の施策として、船舶版アイドリングストップにおける受・送電施設、電気ケーブル、陸側接続盤などの施設を公共事業の一環で整備、などが挙がっている。
            
【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
2.全国港湾知事協議会20年度総会開催、港湾の整備・振興を決議

 全国港湾知事協議会(会長・橋本昌茨城県知事)の平成20年度総会が8月28日、霞が関ビル東海大学校友会館で開かれた。「港湾の整備・振興に関する決議」を満場一致で採択し、同決議の実現を盛り込んだ要望書を加納国土交通副大臣に手渡した。
 当日は全国の知事、副知事らを初め、約150名が出席。来賓として谷垣国土交通大臣は「諸外国の港湾が伸びる中で、日本の港湾は遅れを取っており、しっかり取り組んでいく必要がある。スーパー中枢港湾の機能向上、地域の産業や雇用の創出につながる拠点港湾の整備、また地震津波や災害への対応力の強化など必要な予算確保に向け全力を傾ける」と挨拶した。
 決議案の審議にあたっては、石川・静岡県知事、飯泉・徳島県知事、村井・宮城県知事、西川・福井県知事、小熊・新潟県副知事、原・和歌山県副知事、西村・愛知県副知事、麻生・京都府副知事、河野・宮崎県副知事からそれぞれの地域における港湾整備の促進要望を踏まえた決議案への賛同意見があり、決議案を満場一致で採択した。
 
【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
3.徳山下松港を「臨海部産業エリア形成促進港」に指定

 山口県の徳山下松港が国土交通省港湾局から全国で初めて「臨海部産業エリア形成促進港」として指定された。8月29日に港湾局長室でその指定書の交付式が行われた。
 「臨海部産業エリア」は民間事業者が一体的に運営する埠頭及びその隣接区域の連携を強化することにより、バルク貨物等の輸送の効率化を促進する区域。そのための促進港を港湾管理者の申請に基づいて国土交通省が指定し、新しく設立された会社が、ふ頭を一体的に運用し、競争力の高い埠頭運営を行う。
 徳山下松港では、同施策により石炭を取り扱うコールセンター機能を担う。トクヤマ、出光興産などが出資する周南バルクターミナルが8月12日に設立されており、今後、県が港湾計画に産業エリアの位置づけなどを行ったのち、年内中に貸付契約を取り交わし、アンローダーなど荷捌き施設の整備に入る。設備費は10億5000万円で3分の1を国が補助する。
          
【港湾空港タイムス】
################################
発行者:RPPC広報部会
部会長:本野 晃郎  パシフィックコンサルタンツ(株)
部会員:藤原 敏光  五洋建設(株)
    門脇 直哉  新日本製鐵(株)
    座間味 康喜 東京都

リサイクルポート推進協議会事務局
(財団法人 港湾空間高度化環境研究センター内)
担当:首藤、新谷、高橋(美)
URL:www.rppc.jp E-mail:rppc@wave.or.jp
################################
<< 前へ 第249号 次へ >>

一覧へ戻る