メールマガジン
<< 前へ 第180号 次へ >>

一覧へ戻る

RPPCメール
リサイクルポート推進協議会
第180号(平成19年4月4日発行)
================================

○目次

《RPPCからのお知らせ》

★リサイクルポート推進協議会「平成19年度 総会 開催」のご案内

★北九州リサイクルポートが完成

《リサイクルポートに関連する最新の情報》

★木更津港リサイクルポート、企業立地が進む
★酒田港、推進委員会WGで庄内リサイクルセンターを検討
★山口県のエコ市場形成事業、事業化調査に補助

================================

《RPPCからのお知らせ》

★リサイクルポート推進協議会「平成19年度 総会 開催」のご案内

 平成19年度の「リサイクルポート推進協議会 総会」を下記の日程で開催いたします。

日時:平成19年6月6日(水)
場所:品川プリンスホテル http://www.princehotels.co.jp/shinagawa/
   東京都港区高輪4-10-30
   TEL:03-3441-1111(代表)

詳細は決まり次第、ご案内申し上げます。


【事務局】

----------------------------------------

★北九州リサイクルポートが完成

 北九州港は、平成14年5月に国土交通省から「総合静脈物流拠点港(リサイクルポート)」の指定を受け、平成15年5月には、響灘東地区にリサイクルポートを整備することを港湾計画に位置付けました。
 その後、北九州市では、産業廃棄物の輸送やリサイクルに精通した民間企業と共に「北九州リサイクルポート研究会」を設立し、平成15年度から平成16年度にかけて、産業廃棄物の港湾での荷役に必要な施設や運用ルールを検討しました。
 これを受け、北九州市は、平成17年度からリサイクルポートの整備に着手し、この度、平成19年3月30日に施設が完成しました。
 なお、開業は4月中の予定です。詳細が決まりましたら改めてお知らせします。
(事業の概要は添付資料参照)


【北九州市】

----------------------------------------

《リサイクルポートに関連する最新の情報》

★木更津港リサイクルポート、企業立地が進む

 千葉県企業庁はリサイクルポートに指定された木更津港の富津地区で、リサイクル企業を誘致しており、順次立地が進んでいる。
 富津地区では環境リサイクル産業向けの区画が設定され、進出第1号のコベルコ・ビニループ・イーストが国のエコタウン・ハード事業の補助を受けて塩ビ系廃棄物リサイクル施設を建設し、昨年5月に開所した。
 また、リ・パレットが廃プラのリサイクル施設を昨年10月から操業開始。不二窯業は食品残渣のリサイクル施設を今年3月1日から操業開始した。さらに、金属関係のリサイクル施設の立地がこのほど決まった。
 ほかにリサイクル区画は4区画あるが、全て引き合い中。廃プラや建設廃材等のリサイクル施設に立地希望がある

【港湾空港タイムス】

----------------------------------------

★酒田港、推進委員会WGで庄内リサイクルセンターを検討

 東北地方整備局酒田港湾事務所は、昨年3月に策定した酒田港長期構想を実現化するため、推進委員会を18年度から設置して取り組んでいる。
 推進委員会の下に物流、リサイクル、親水空間・環境・伝承、防災対策等の4作業部会を設置。更にその下に港湾施設機能向上検討、国際輸送ルートの拡充、庄内リサイクル産業情報センター(仮称)設立、ゴミゼロタウン庄内検討、みなとオアシス酒田活性化、魅力ある散策ルートづくり、海岸利用可能性検討、防災関係機関連携検討、という8つのサブワーキンググループを設けている。
 このうち庄内リサイクル産業情報センター(仮称)は19年度に協議会を立ち上げ、20年度の設立を目指す。同センターはリサイクルポートに指定された酒田港を活用し、情報受発信や啓蒙、関係機関への要請、ビジネスセンター、卸売市場、検査・品質管理、研究開発などの機能を持つ施設。 
   

【港湾空港タイムス】

----------------------------------------

★山口県のエコ市場形成事業、事業化調査に補助

 山口県は18年度から開始した、やまぐちエコ市場(いちば)形成事業を19年度も引き続き推進する。
 エコ市場は、リサイクルの技術や製品を提供する企業と事業展開を希望する企業をマッチングさせる場で、企業同士が情報交換をするウェブサイトを18年度から立ち上げ、326社が参加している。
 また、県の新年度予算で、やまぐちエコ市場形成事業(プロジェクト調査費補助金)として1000万円を計上。エコ市場会員を対象に、200万円を上限に事業化調査への補助を行う。18年度は10件を採択した。19年度も会員からの申請を受けて審査のうえ、補助していく。
 事業化調査では、技術提供できる企業や、支援するコンサルタントなどが一緒になって市場調査、戦略調査等を行なう。 
 
【港湾空港タイムス】


================================
《RPPC活動予定表》 
★4/24 汚染土壌事業化分科会 15:00~ バーク芝浦3F


################################
発行者:RPPC広報部会
部会長:本野 晃郎 パシフィックコンサルタンツ(株)
部会員:外山 幸平 井本商運(株)
    藤原 敏光 五洋建設(株)
    和田康太郎 新日本製鐵(株)
    雑賀  美可 東京都
問い合わせ窓口
リサイクルポート推進協議会事務局
(財団法人 港湾空間高度化環境研究センター内)
担当:松田、山田、畠山、高橋(美)
URL:www.rppc.jp E-mail:rppc@wave.or.jp
※メールマガジンに対する意見、要望がありましたらご連絡下さい。
###############################
<< 前へ 第180号 次へ >>

一覧へ戻る