メールマガジン
<< 前へ 第284号 次へ >>

一覧へ戻る

RPPCメール
リサイクルポート推進協議会
  第284号(平成21年5月20日発行)

《今週の報道発表》

平成21年度 「廃棄物処理施設における温暖化対策事業」の公募の開始について
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=11120
(平成21年5月14日)

【環境省】 
======================================
《RPPC活動予定表》
★5/20 第13回運営委員会
  14:00~
  5/27 調査・研究部会 汚染土壌事業化分科会
     15:00~  バーク芝浦 会議室
======================================
《RPPCからのお知らせ》
★リサイクルポート推進協議会 総会決まる
 
 平成21年度の「リサイクルポート推進協議会 総会」を6月4日(木)開催します。
また、今年は総会の前後に、協議会活動の成果を報告する「RPPC TOPICS」と、
会員相互の情報交換を目的とした「会員交流会」を開催します。こちらの方も併せ
てご案内申しあげます。会員皆様のご出席を宜しくお願いします。詳細は添付資料
をご確認下さい。

【 総 会 】
開催日時:平成21年6月4日(木)16:00~17:00
場   所:九段会館  3階「真珠の間」

【RPPC TOPICS】(総会開催前)
開催時間:14:30~15:45 (場所:総会と同一会場)
成果報告:①「リサイクルポート実証実験報告」
       ②「静脈物流用特殊コンテナ&前処理設備事例紹介」

【会員懇親会】(総会終了後)
開催時間:17:00~
場   所:九段会館 2階「鳳凰の間」
参 加 費:3,000円/人

※総会の返信ハガキおよび、
「RPPC TOPICS/会員交流会」申込書につきまして、
ご回答をまだお送り頂いていないご団体は、
お手数ですがご出欠等必要事項をご記入頂き
ハガキのご投函、申込書のFAXをご送付頂きますようお願い申し上げます。

ハガキにつきましては、集計手続き上、ご出席・ご欠席にかかわらず
必ずご返信頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
★民生業務施設等におけるCO2削減の可能性検討シンポジウムのご案内
~エネルギーシステムの評価研究の成果事例~

              記

開催日: 平成21年5月29日(金) 午後1時30分~午後5時20分
      (17.45~19.30 懇親パーティー 大隈会館1階 楠亭(ナンテイ))
               ※添付の「会場案内図」をご参照ください
会 場: 早稲田大学 早稲田キャンパス 小野記念講堂
      (添付の「ご案内」をご参照ください)
主 催: 早稲田大学環境総合研究センター      
共 催: 株式会社早稲田環境研究所
      株式会社E.I.エンジニアリング
      NPO法人循環型経済社会推進機構
      早稲田大学循環型環境経済共創システム研究所
趣 旨: (添付の「ご案内」をご参照ください)

定 員: 200名、申込み先着順により定員になり次第締め切ります。
セミナー参加費: 無料
懇親パーティー参加費: 一般:¥3000  学生:¥1000
申込方法: 添付の「参加申込書」により5月15日(金)までに
         E-mailまたはFAXにてお申し込み下さい。
申込先: E-mail:info@e-wei.co.jp  FAX:03-5272-6326
〔担当 福島真弓 TEL:03-5272-6326〕  
======================================
《リサイクルポートに関連する最新の情報》
1.平成21年度積算基準及び損料算定基準改訂で約1億円の波及効果
2.みなとオアシス全国協議会が今秋にも発足予定
3.水島港マイナス12m多目的国際ターミナル岸壁で今年度ケーソン
4.「茨城港活性化に向けた検討会」を開催
5.新潟技調が民間の新技術を募集中
======================================
《リサイクルポートに関連する最新の情報》
1.平成21年度積算基準及び損料算定基準改訂で約1億円の波及効果

 国土交通省港湾局は平成21年度の積算基準及び損料算定基準の改訂として、
基礎工に係る能力補正係数の見直しや消波工(異形ブロックの製作工事)にお
けるクレーン機種規格の見直し、海上地盤改良工での揚錨船規格の改訂などを
実施。これらの適用により直轄港湾空港工事では、前年度に対して工事費ベース
で約1億円の波及効果があるものと試算している。
 港湾局では施工機械等技術の開発に伴う施工能力のアップや安全性向上など
に伴い、必要に応じて積算基準の見直しや損料算定基準改訂を行い、現場の施
工性向上などにつなげている。

【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
2.みなとオアシス全国協議会が今秋にも発足予定

 「みなとオアシス全国協議会」が今秋にも発足する見通しになった。5月14日に開
かれた(社)ウォーターフロント開発協会主催による「みなとまちづくり研究会」におい
て、主なみなとオアシスの代表が集まり、全国組織を設置することの是非について
議論。情報交換や知名度の向上、また連携することによる集客効果など組織化す
ることによるメリットが大きいとの方向で一致した。今後、ウォーターフロント開発
協会が事務局になって全国のみなとオアシスと連絡を取り合い、全国協議会設置
への準備を進める。
 みなとオアシスは、全国46港が正式登録、他に仮登録9港の合計55港が登録さ
れている。当日の「みなとまちづくり研究会」には23港の代表が集まり、地域の取
組状況とともに、全国組織の発足に向けて意見を述べあった

【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
3.水島港マイナス12m多目的国際ターミナル岸壁で今年度ケーソン

 国地方整備局宇野港湾事務所は水島港の21年度事業として、新規事業となる
玉島地区のマイナス12m多目的国際ターミナル岸壁(耐震)に係るケーソンの製
作を行う。同岸壁は延長240mで、ケーソンは既設のマイナス10m岸壁との取付
部ケーソン(1函)も含めて合計11函を予定にしており、今年度はそのうちの7函分
を製作する。また臨港道路については、路線測量や詳細設計に向けた土質調査
等を実施、設計に反映していく

【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
4.「茨城港活性化に向けた検討会」を開催

 国土交通省関東地方整備局は、茨城港利用者及び関係者で構成する「茨城港
活性化に向けた検討会」を5月14日に開催した。
 茨城港については、北関東自動車道等の整備に伴う北関東背後圏との交通ネッ
トワークの充実により、東京湾に集中する交通混雑を是正し、首都圏における効率
的かつ環境負荷の小さいSCM(サプライチェーンマネジメント)を実現するポテンシ
ャルを有している。同検討会は、首都圏における効率的かつ環境負荷の小さい物
流体系構築のため、茨城港の活用促進方策について検討することが目的。

【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
5.新潟技調が民間の新技術を募集中

 「茨城港活性化に向けた検討会」を開催明会」において、民間開発の新技術を募
集している。
 ▽募集技術は①直轄工事(港湾・海岸・空港)のニーズに適合した技術、②経済性、
安全性、耐久性、品質・出来形、施工性、周辺環境に与える影響等の項目で従来技
術より優れている技術、③今後普及が期待される技術等で▽開催日時=平成21年
6月22日、▽場所=国土交通省北陸地方整備局新潟港湾空港技術調査事務所 
▽応募期限=平成21年6月1日(月)必着。

【港湾空港タイムス】
######################################
 発行者:RPPC広報部会
 部会長:本野 晃郎  パシフィックコンサルタンツ(株)
 部会員:藤原 敏光  五洋建設(株)
      門脇 直哉  新日本製鐵(株)
      座間味 康喜 東京都

 リサイクルポート推進協議会事務局
 (財団法人 港湾空間高度化環境研究センター内)
 担当:首藤、新谷、大田
 URL:www.rppc.jp E-mail:rppc@wave.or.jp

 ※会員主催や会員に関係した催し物(セミナーなど)の情報がありましたら
   ご連絡下さい。
   開催案内等の情報をメールマガジンで配信いたします。
 
 ※メールマガジンに対する意見、要望がありましたらご連絡下さい。
######################################
<< 前へ 第284号 次へ >>

一覧へ戻る