メールマガジン
<< 前へ 第333号 次へ >>

一覧へ戻る

RPPCメール
リサイクルポート推進協議会
  第333号(平成22年5月19日発行)
======================================
《RPPC活動予定表》
★5/27 調査・研究部会
     15:00~ LEN貸会議室 西新橋
======================================
《RPPCからのお知らせ》
★リサイクルポート推進協議会 総会を開催します
 
 平成22年度の「リサイクルポート推進協議会 総会」を6月7日(月)開催します。今年も総会の前後に、協議会活動の成果等を報告する「ミニセミナー」と会員相互の情報交換を目的とした「会員交流会」を開催します。こちらの方も併せてご案内申しあげます。会員皆様のご出席を宜しくお願いします。
 
※総会の返信ハガキおよび、
「ミニセミナー/会員交流会」FAX申込書につきまして、ご回答をまだお送り頂いていないご団体は、お手数ですがご出欠等必要事項をご記入頂きハガキのご投函、申込書のFAXをご送付頂きますようお願い申し上げます。

ハガキにつきましては、集計手続き上、ご出席・ご欠席にかかわらず必ずご返信頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。

【 総 会 】
開催日時:平成22年6月7日(月)16:00~17:00
場   所:九段会館  3階「真珠の間」

【ミニセミナー】(総会開催前)
開催時間:14:30~15:45
場   所:総会と同一会場
内   容:①日本の産業とリサイクルポートについて(仮)
       ②汚染土壌事業化に向けた提言について(成果報告)

【会員交流会】(総会終了後)
開催時間:17:00~
場   所:九段会館 2階「鳳凰の間」
参 加 費:3,000円/人

【事務局】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
★RPPCホームページの一部をリニューアルしました
 
 4月30日に、RPPCホームページ「リサイクルポート指定港」のページをリニューアルしました。会員専用にあった情報を一般ページに移行し、港湾毎に情報を閲覧できるようにしております。是非、ご覧下さい。

【広報部会】
======================================
《リサイクルポートに関連する最新の情報》
1.民主党の港湾議連が総会、関係者からヒアリング
2.堺泉北港の潜堤に水砕スラグなどを活用
3.09年の外貿コンテナ貨物量、前年比14%減の1475万TEU
======================================
《リサイクルポートに関連する最新の情報》
1.民主党の港湾議連が総会、関係者からヒアリング

 民主党港湾振興議員連盟(会長:西岡武夫参院議員)の第2回総会が5月12日に開かれ、国土交通省港湾局、並びに港湾関係団体から現状の動きなどについて聞いた。
 国土交通省港湾局より、港湾行政における主要政策の課題等についての説明を受けたほか、(社)日本港湾協会(栢原英郎会長)、日本港湾振興団体連合会(平松守彦会長)、外貿埠頭連絡協議会(金近忠彦会長)、(社)日本埋立浚渫協会(村重芳雄会長)の4団体から、それぞれの主な活動内容等について聞いた。
 西岡会長は「今回は港湾に関わる各団体の会長に来て頂いており、団体の概要を説明して頂く事になっている。各団体から要請を受け賜る機会になればと思う。また、来年度の予算作成に向け、積極的に取組んでいく必要がある」と述べた。

 【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
2.堺泉北港の潜堤に水砕スラグなどを活用

 近畿地方整備局大阪港湾・空港整備事務所は、堺泉北港堺2区の北側護岸前面水域において、深掘跡の修復改善試験事業を行う。深掘跡を埋めるほか浅場・干潟を造成、今年度はそのための潜堤を整備する。SCPで地盤改良した後、水砕スラグなどを潜堤の腹付材などとして利用する。また浚渫土と固化剤を混ぜて、環境改善材などとして利用する手法も検討している。同水域の背後はウォーターフロントを活用した都市的利用がなされており、水辺の環境修復の場に適している。得られた成果は大阪湾域の環境修復技術に役立てる。

【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
3.09年の外貿コンテナ貨物量、前年比14%減の1475万TEU

 国土交通省港湾局は全国の港湾管理者からのヒアリングを基に、2009年の外貿コンテナ貨物量(TEUベース、速報値)をまとめた。
 それによると、各港とも対前年比で大幅に減少。全国計では前年比約14%減の1475万1446TEUとなった。個別港の動きでは、取扱上位港のうち横浜、名古屋、神戸、博多、北九州、清水港等で10~20%減少した。
 一方で、仙台塩釜、那覇、石狩湾新、堺泉北、敦賀港等では前年比プラス実績を残した。総じて、北海道、日本海側の港湾が堅調。

【港湾空港タイムス】
###############################
 発行者:RPPC広報部会
 部会長:本野 晃郎  パシフィックコンサルタンツ(株)
 部会員:藤原 敏光  五洋建設(株)
      門脇 直哉  新日本製鐵(株)
      柳井 健二 東京都

 リサイクルポート推進協議会事務局
 (財団法人 港湾空間高度化環境研究センター内)
 担当:首藤、吉野、大田
 URL:www.rppc.jp E-mail:rppc@wave.or.jp

 ※会員主催や会員に関係した催し物(セミナーなど)の情報がありましたら
   ご連絡下さい。
   開催案内等の情報をメールマガジンで配信いたします。
 
 ※メールマガジンに対する意見、要望がありましたらご連絡下さい。
################################
<< 前へ 第333号 次へ >>

一覧へ戻る