メールマガジン
<< 前へ 第482号 次へ >>

一覧へ戻る

RPPCメール
リサイクルポート推進協議会
  第482号(平成25年5月15日発行)

【今週号の主な内容】
 ■《今週の報道発表》 2件
 ■《RPPC事務局・広報部会よりお知らせ》
          ★リサイクルポート推進協議会 総会のご案内
 ■《リサイクルポートに関連する最新の情報》
  1.「新しい物流施策大綱の策定に向けた有識者検討会」が提言まとめ
  2.海洋基本計画(平成25年度~平成29年度)に数多くの港湾関連施策
==========================================
《今週の報道発表》

平成25年度 「廃棄物エネルギー導入・低炭素化促進事業(廃棄物エネルギー導入事業)」
の 公募開始について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16627
平成25年5月9日
【環境省】

バーセル条約第11回締約国会議(COP11)が開催されました
http://www.meti.go.jp/press/2013/05/20130513003/20130513003.html
平成25年5月13日
【経済産業省】

==========================================
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
《事務局からのお知らせ》

★リサイクルポート推進協議会 総会のご案内
 
 平成25年度の「リサイクルポート推進協議会 総会」について、開催案内状を会員団体の皆様宛に送付致します。
今年も総会の前後に、「ミニセミナー」と会員相互の情報交換を目的とした「会員交流会」を開催します。こちらも併せてご案内申し上げます。
会員皆様のご出席をお待ち申し上げております。

※総会ハガキ・ ミニセミナー/会員交流会申込書について

●総会ハガキは、集計手続き上、ご出席・ご欠席にかかわらず 必ずご返信頂きますよう、 宜しくお願い申し上げます。 (5/24必着)

●「ミニセミナー/会員交流会」 ご出席ご希望の方は添付の申込書に必要事項を ご記入の上、事務局までFAXにてお申込頂きますようお願いいたします。(5/24締切)

【 総 会 】 開催日時:平成25年6月4日(火)16:10~17:15

      場 所:第一ホテル東京シーフォート 3階ハーバーサーカス

【ミニセミナー】(総会開催前)
      開催時間:14:30~15:20
      場 所:総会と同一会場

  「平成25年港湾法の改正について(仮題)」    
      講演者:国土交通省 港湾局海岸・防災課 危機管理室長 石橋 洋信

  「港湾における総合的低炭素化施策の推進について」
      講演者:国土交通省 港湾局海洋・環境課 港湾環境政策室長 杉中 洋一

【会員交流会】(総会終了後) 開催時間:17:30~
      場 所:第一ホテル東京シーフォート 28階 トップ・オブ・ザ・ベイ
      
       参 加 費:3,000円/人

【事務局】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
《リサイクルポートに関連する最新の情報》

1. 「新しい物流施策大綱の策定に向けた有識者検討会」が提言まとめ

 国土交通省が設置している「新しい物流施策大綱の策定に向けた有識者検討会」が提言をとりまとめた。この内容は政府が今年7月にも策定する次期総合物流施策大綱(2013年~2017年)に活かされる。提言には今後の物流施策の方向性として、港湾等の物流インフラの輸出拡大、地震・津波対策の推進、コンテナターミナルの大水深化などを掲げている。このほかアジア物流圏の海上運送を効率化するため、海陸一貫輸送ネットワークやコンテナ輸送ネットワーク輸送拠点の強化を挙げている。

【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
2. 海洋基本計画(平成25年度~平成29年度)に数多くの港湾関連施策

 政府が4月26日に閣議決定した「海洋基本計画(平成25年度~平成29年度)」には、港湾区域における海洋再生可能エネルギーの利用促進や海洋エネルギー・鉱物資源開発に伴う遠隔離島整備、効率的な海上輸送ネットワークの形成推進など、港湾関連施策が数多く位置付けられている。
 新たな海洋基本計画は、▽東日本大震災後の防災・エネルギー政策の見直し、▽海洋資源・再生可能エネルギーに対する期待の高まり、▽海洋権益保全をめぐる国際情勢の変化 ▽地球環境の変化、▽北極海航路活用可能性の高まりなど、前回策定後の社会情勢等の変化に対応した施策を盛り込んでいる。そして今後目指すべき姿として、海洋開発・利用による富の繁栄や、「海に守られた国」から「海を守る国」への変革、未踏フロンティアへの挑戦などを掲げており同目標実現に向けた具体的な施策を示している。

【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
##########################################
 発行者:RPPC広報部会
 部会長:細貝 隆司   五洋建設(株)
 部会員:本野 晃郎   パシフィックコンサルタンツ(株)
徳田 英司   新日鐵住金㈱
堀江 良彰   東京都
 リサイクルポート推進協議会事務局 一般財団法人みなと総合研究財団(内)
 担当:首藤、森谷、大矢、小高  URL:www.rppc.jp E-mail:rppc@wave.or.jp
 ※会員主催や会員に関係した催し物(セミナーなど)の情報がありましたらご連絡下さい。
  開催案内等の情報をメールマガジンで配信いたします。
 ※メールマガジンに対する意見、要望がありましたらご連絡下さい。
##########################################
<< 前へ 第482号 次へ >>

一覧へ戻る