メールマガジン
<< 前へ 第234号 次へ >>

一覧へ戻る

RPPCメール
リサイクルポート推進協議会
  第234号(平成20年5月21日発行)

================================

《RPPCからのお知らせ》
リサイクルポート推進協議会 「平成20年度 総会 開催」の日程決まる
 
 平成20年度の「リサイクルポート推進協議会 総会」を下記の日程で
開催することが決定いたしましたので、ご連絡いたします。

日 時:平成20年6月2日(月)
場 所:アジュール竹芝
     〒105-0022
      東京都港区海岸1-11-2
      TEL 03-3437-5566
      http://www.hotel-azur.com/

総   会:15:30~17:45
会員交流会:18:00~(総会終了後)

 詳細につきましては、添付ファイルをご覧下さい。


【事務局】

================================
○目次

《RPPC活動予定表》
★5/27 調査・研究部会 汚染土壌事業化分科会 15:00~ バーク芝浦3F

================================

《リサイクルポートに関連する最新の情報》
1.「施工プロセス検査・出来高部分払い方式」の試行で「三者連絡会」
2.『東京湾をよくする会』の設立総会
3.社会資本整備審議会・交通政策審議会計画部会を開催
4.新潟港、ガントリークレーン5号機が供用開始

================================

《リサイクルポートに関連する最新の情報》
1.「施工プロセス検査・出来高部分払い方式」の試行で「三者連絡会」
 国土交通省港湾局は20年度行う港湾、空港事業の「施工プロセス検査・出来高部分払い」試行工事を対象に、「三者連絡会」を実施する。発注者、元請け、下請け(専門工事業者等)の3者が、現地での着工に先立って当該試行の趣旨や目的等について理解と共有を図るとともに、「建設業法令遵守ガイドライン」の周知と3者相互の確認を行う。また、事前に段階検査・部分払いの実施に向けた協議・確認をしておき、出来高部分払い制度の円滑化を図る。
 「施工プロセス検査・出来高部分払い」工事は、施工の途中段階で検査を行い、事前に決めておいた一定の出来高に応じて工事代金を支払う制度。19年度に一部の工事で試行したが、20年度は実施例を拡大し、全国の各港湾事務所で1件程度試行工事を行う予定にしている。同試行工事では施工の途中の節目ごとに発注者と受注者双方の確認が入ることから品質確保の確実性が高まる。このほか受注者にとっては施工途中でも出来高に応じて支払いが行われるためキャッシュフローの改善につながる。
    

【港湾空港タイムス】

----------------------------------------
2.『東京湾をよくする会』の設立総会

 「東京湾の環境をよくするために行動する会(設立発起人代表:川勝平太・静岡文化芸術大学学長)」の設立総会が5月20日(火)、ベルサール神田にて開かれた。
 同会は、学識経験者、公益団体、環境関係NPOの代表ら約40名が発起人になり設立された。東京湾の環境再生への活動を活性化する運動として「新たな共鳴・共感の輪」の広がりと、東京湾に新しい形の「湾・海と人とのつながり」の場が生まれることを目指す。
 当日は、設立総会に引き続き、記念講演として「東京湾の環境の今とこれから」と題して、磯部雅彦・東大教授が講演する。また、細川恭史((財)港湾空間高度化環境研究センター専務理事)らによる環境トークも行われた。
   

【港湾空港タイムス】

----------------------------------------
3.社会資本整備審議会・交通政策審議会計画部会を開催

 国土交通省総合政策局では5月15日、「社会資本整備審議会・交通政策審議会第8回計画部会」を開催した。
 同部会では今回、次期計画の最終案を取りまとめる位置づけにしていたが、道路財源をベースとする道路中期計画の策定が遅れているなどから、同中期計画の方向性が定まるのを待ち、重点計画案を作成することになった。今年末ごろの閣議決定の見込み。
 同重点計画は計画期間5年で20年度より5年間の社会資本の方向性を示すためのもの。 現行計画では、国民から見た成果目標(アウトカム目標)として「暮らし・安全・環境・活力」の4分類に沿い、15の重点目標と、35の指標を設定している。 


【港湾空港タイムス】

----------------------------------------
4.新潟港、ガントリークレーン5号機が供用開始

 新潟港の東港コンテナターミナルで今月12日から新しいガントリークレーンが供用を開始した。
 供用したのは国際コンテナターミナルがある東港区西埠頭3号岸壁。一昨年11月の強風による逸走事故で倒壊した3号機の代替機で、名称は新潟東港ガントリークレーン5号機。
 同岸壁には通常のガントリークレーン2機と、国内最大級のスーパーガントリークレーンが2機あったが、通常の1号機が故障して動かなくなり廃棄処分にした。また、大型の3号機が倒壊したため、残った合計2機体制で荷役作業を行っていた。
   

【港湾空港タイムス】
################################
発行者:RPPC広報部会
部会長:本野 晃郎  パシフィックコンサルタンツ(株)
部会員:藤原 敏光  五洋建設(株)
    門脇 直哉  新日本製鐵(株)
    座間味 康喜 東京都

リサイクルポート推進協議会事務局
(財団法人 港湾空間高度化環境研究センター内)
担当:首藤、新谷、高橋(美)
URL:www.rppc.jp E-mail:rppc@wave.or.jp
################################
<< 前へ 第234号 次へ >>

一覧へ戻る