メールマガジン
<< 前へ 第253号 次へ >>

一覧へ戻る

RPPCメール
リサイクルポート推進協議会
  第253号(平成20年10月1日発行)

================================
○目次

《RPPC活動予定表》
★2008年 港別交流会の開催地を公募致します。
 →詳細は港別協議会事務局担当者様宛に資料送付致します。
★10/2 技術開発部会 静脈物流管理システム分科会 10:00~ バーク芝浦3F
★10/23 調査・研究部会 汚染土壌事業化分科会 15:00~ バーク芝浦3F

================================

《リサイクルポートに関連する最新の情報》
1.SCOPE、「海上工事施工管理技術者」認定制度創設
2.海上起重技術協会が登録認可機関に。今年度講習要領公表
3.名古屋港飛島埠頭南第2バース完成、年末に供用へ

================================

《リサイクルポートに関連する最新の情報》
1.SCOPE、「海上工事施工管理技術者」認定制度創設

 (財)港湾空港建設技術サービスセンター(SCOPE)は、「海上工事施工管理技術者認定制度」を創設すると共に、平成20年度認定試験の実施内容を同センターホームページに公表している。今年度の資格試験では、浚渫、コンクリート構造物、鋼構造物の3分野について実施する。受験資格として一級土木施工管理技士、あるいは技術士(建設部門)の資格取得者、また海上工事技術者として24か月以上の経験など、高度な技術知見とともに現場経験を
重視した技術保有者を対象にしている。
 港湾等海上工事では波浪や潮流の影響を受けるなど、厳しい環境下での施工が余儀なくされ、その品質確保のためには一般の土木施工技術だけでなく、海上工事固有の特性や技術に習熟した技術者の確保、育成が求められる。
 SCOPEの今回の資格制度は、こうした港湾、海岸、空港の建設等の厳しい海上工事の施工を統括しうる技術者を認定する。
 試験は一次試験(筆記試験)と二次試験(経験論文提出と面接試験)からなり、一次試験は20年11月16日に東京と大阪の2会場で実施する。一次試験の申込期間は9月24日~10月14日まで。二次試験は東京で21年1月下旬~2月下旬のうちの1日を予定している。合格発表は2月下旬
            

【港湾空港タイムス】

--------------------------------------
2.海上起重技術協会が登録認可機関に。今年度講習要領公表

 (社)日本海上起重技術協会は、平成20年度「海上起重基幹技能者講習」の実施要領を公表した。海上起重協会では、建設業法施行規則の一部改正で、新たに「登録基幹技能者講習」を行う者の登録業務を国土交通大臣が行うこととなったことに伴い、海上工事における技術と技能を備えたレベルの高い船団長等(海上起重作業管理技士)を「海上起重基幹技能者」として位置づけることとし、4月以降その登録認可機関として準備を進め、9月19日付で「登録海上起重基幹技能者講習実施機関」として認可登録されている。
 今回募集を始めた平成20年度「海上起重基幹技能者講習」は同認可に基づいて実施するもので、「基幹技能者」に登録されると、建設業法第27条の23第3項の経営事項審査のZ評価(技術力評価)の中で基幹技能者一人に対し一律3点が加算されることになっている。
 平成20年度「海上起重基幹技能者」講習実施概要は次の通り。
 ▽東京会場(20年10月11日~12日、飯田橋レインボービル)
 ▽福岡会場(10月16日~17日、福岡商工会議所)
 ▽神戸会場(10月20日~21日、兵庫県民会館)
 

【港湾空港タイムス】

--------------------------------------
3.名古屋港飛島埠頭南第2バース完成、年末に供用へ

 中部地方整備局名古屋港湾事務所が整備してきた名古屋港飛島埠頭南のマイナス16m第2バースが概成し、今年12月の供用に向けた準備が進んでいる。
既設の第1バースと連続する750mのバースとなる。今後残っている50m区間についても早期に着手していく方針。
 飛島埠頭南の第2バースは今夏に直轄工事が完成し、現在は荷役機械の設置や習熟が始まっている。ガントリークレーンは既設の第1バース3基に加えて新たに3基を追加し、連続2バースに6基体制での運用が始まる。また背後のコンテナヤードでは、1期同様にトランスファークレーン11基を入れるとともに、国内では初めての自動搬送台車(AGV)が採用される。年内の供用に向けて今後調整が本格化する。
            

【港湾空港タイムス】
################################
発行者:RPPC広報部会
部会長:本野 晃郎  パシフィックコンサルタンツ(株)
部会員:藤原 敏光  五洋建設(株)
    門脇 直哉  新日本製鐵(株)
    座間味 康喜 東京都

リサイクルポート推進協議会事務局
(財団法人 港湾空間高度化環境研究センター内)
担当:首藤、新谷、高橋(美)
URL:www.rppc.jp E-mail:rppc@wave.or.jp
################################
<< 前へ 第253号 次へ >>

一覧へ戻る