港湾管理者山形県
担当部署山形県県土整備部空港港湾課港湾担当
地元自治体酒田市
酒田港の臨海工業団地は広大な敷地面積を有し、市街地とは日本有数の松林にはさまれた緩衝地帯にもなっており、恵まれた立地条件にあります。
PCB処理施設、石炭灰リサイクル施設、自動車リサイクル施設、第3セクター方式による木くず・汚染土壌を扱う共同利用型保管施設などのリサイクル関連企業が集積しており、「日本海側拠点港(リサイクル貨物)」として、更なる広域的物流輸送ネットワーク形成を図っていきます。リサイクル貨物取扱量は、近年37万トンを超える取扱量の水準を維持し、令和元年の取扱量はリサイクルポートとして指定された平成15年の約2.2倍に増加しているなど、リサイクルポートとしての役割を拡大しています。
国際ターミナルの機能強化
酒田港国際ターミナルではコンテナ船の2隻同時着岸が可能となる岸壁延伸や、コンテナクレーンの更新・大型化を行うなどの機能強化が令和2年8月末に完了し、供用開始している。
○平成15年6月 酒田リサイクルポート推進協議会が設置される。
○平成23年11月 酒田港が日本海側拠点港(リサイクル貨物)に選定される。
 
酒田臨海工業団地を核として、リサイクル産業を導入し、酒田港を静脈物流拠点とした取組みを推進。
港湾区域やその近辺において風力発電事業18基が稼動している。
北港地区においてバイオマス発電が稼動している。
北港地区において太陽光発電が稼動している。
リサイクルポート指定後、「酒田港ポートセミナー」を毎年開催している。
能代港、姫川港、境港と連携し、各港の持ち回りで「リサイクルポート4港合同勉強会」を毎年開催している。
平成26、27年度は、国の緊急雇用事業において、リサイクル貨物の更なる集積を目指し、酒田港循環資源ビジネス連携事業を実施した。
循環資源の利用促進マニュアル
パンフレット
港湾における優遇措置
「港湾施設使用料の減免措置」
  定期コンテナ航路を利用する場合に入港料・岸壁使用料・荷捌地使用料・荷役機械使用料を減免している。
「酒田港コンテナ貨物利用促進助成制度(新規荷主助成、継続荷主助成、特殊梱包貨物荷主助成)」
  酒田港の利用拡大を促進するため、酒田港を利用してコンテナ貨物の取引を行う事業者に対し、その実績に応じて経費の一部を助成している。
酒田港のページ
 
リサイクルポートの関連ページ
 
ポートセールスのページ
 
画面を閉じる