メールマガジン
<< 前へ 第287号 次へ >>

一覧へ戻る

RPPCメール
リサイクルポート推進協議会
  第287号(平成21年6月10日発行)

======================================
《RPPC活動予定表》
★ 6/16 調査・研究部会 汚染土壌事業化分科会
       15:00~  バーク芝浦 会議室
======================================
《RPPCからのお知らせ》
★平成21年度『リサイクルポート推進協議会』総会開催

リサイクルポート推進協議会の平成21年度 通常総会が、6月4日(木)九段会館において開催され、全ての議案が滞りなく承認されました。
 「総会」開会にあたって、新宮会長(室蘭市長)や、来賓として小野 晋也 衆院議員(愛媛3区)、田中和徳 衆院議員(神奈川10区)、林田 博 国土交通省 大臣官房技術参事官から、静脈物流の重要性とその実効性ある活動をすると、挨拶がありました。
 当日は「総会」の他に、当協議会活動で話題となっているテーマを会員へ情報提供する会として企画した「RPPC TOPICS」、会員相互の情報交換を目的とした「会員交流会」が開催され、約150名もの会員が参加し、それぞれ会員同士の交流を深め、盛会のうちに幕を閉じました。
 「RPPC TOPICS」「総会」「行政報告」配付資料は、当協議会HPの会員専用ページをご覧下さい。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
★RPPC・HP会員紹介データの更新について

 リサイクルポート推進協議会HPの会員専用ページにて、各団体のデータを更新いたしましたのでお知らせ致します。データの更新に際しましてご協力いただき有難うございました。

会員専用ページ→会員紹介→各団体(青字で表示された団体)をクリックするとご覧頂けます。
======================================
《リサイクルポートに関連する最新の情報》
1.八戸港、次期港湾計画でリサイクル貨物向けの新岸壁
2.21年度の港湾関係予算の執行方針をまとめ
3.コンテナ物流評価委員会の第1回会合を開催
======================================
《リサイクルポートに関連する最新の情報》
1.八戸港、次期港湾計画でリサイクル貨物向けの新岸壁

 青森県は今年度に八戸港の港湾計画の改訂を予定している。8月に予定する第4回八戸港長期構想検討委員会で長期構想と港湾計画改訂素案を提示する。
その後は9月の地方港湾審議会に諮問した後、11月の国の交通政策審議会港湾分科会に諮って改訂計画を決定する。
 ポートアイランドは、沖側に新たな埋立を行い拡張。今後増加が見込まれるコンテナ貨物やポートアイランド背後企業のバルク貨物を扱い、耐震強化岸壁も設置する。
 また、リサイクルポート関連では、市川地区にリサイクル貨物を扱う新たな岸壁を位置づけるとともに、市川の工業用地でリサイクル産業を集積させる
【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
2.21年度の港湾関係予算の執行方針をまとめ

 国土交通省港湾局は、平成21年度予算の効率かつ効果的な執行方針をまとめた。入札契約業務の簡素化など弾力的運用を行うほか、早期発注による景気対策効果の発現、また中小企業向けの発注割合を高めて地域経済の活性化を後押しする。
 平成21年度港湾関係予算は、補正予算を加えると当初予算の約1・8倍相当、発注ベースでは約2倍規模の事業量が見込まれ、その予算を効果的に活かす取組が求められている。
 このため港湾局では21年度予算(当初・補正)の執行方針を検討してきており、「効率的な予算執行」、「早期発注」、「中小企業向け発注」等の方針を打ち出し、各地方整備局と連携して実施に移す。

【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
3.コンテナ物流評価委員会の第1回会合を開催

 国土交通省港湾局は5月29日、「コンテナ物流の総合的集中改革プログラム評価委員会(第1回)」を開催した。
 国土交通省ではスーパー中枢港湾プロジェクトを充実・深化し、港湾サービスの更なる向上や、効率的かつ低炭素型のシームレスな物流網の形成を実現するため、21年度から「コンテナ物流の総合的集中改革プログラム」の実施に入っている。同評価委員会では、同取組についての評価や課題について意見を交わすことになっており、港湾局では、同意見を政策に活かしていく。当日は委員から▽物流の効率化についてはスピードを上げて取り組んでほしい、▽内航フィーダー事業や鉄道輸送事業を新しく進める時は、セキュリティの問題に十分注意をしてほしい、▽ 各輸送モードの分担も考えながら、荷主へのマーケティングを進めてもらいたい、など。

【港湾空港タイムス】
####################################
 発行者:RPPC広報部会
 部会長:本野 晃郎  パシフィックコンサルタンツ(株)
 部会員:藤原 敏光  五洋建設(株)
      門脇 直哉  新日本製鐵(株)
      座間味 康喜 東京都

 リサイクルポート推進協議会事務局
 (財団法人 港湾空間高度化環境研究センター内)
 担当:首藤、新谷、大田
 URL:www.rppc.jp E-mail:rppc@wave.or.jp

 ※会員主催や会員に関係した催し物(セミナーなど)の情報がありましたら
   ご連絡下さい。
   開催案内等の情報をメールマガジンで配信いたします。
 
 ※メールマガジンに対する意見、要望がありましたらご連絡下さい。
#####################################
<< 前へ 第287号 次へ >>

一覧へ戻る