メールマガジン
<< 前へ 第424号 次へ >>

一覧へ戻る

RPPCメール
リサイクルポート推進協議会
  第424号(平成24年3月7日発行)

【今週号の主な内容】
 ■《今週の報道発表》    今週の報道発表はございません。
 ■《事務局よりお知らせ》
     ★リサイクルポート推進協議会 総会の日程が決定致しました
     ★RPPCホームページ 震災支援関連情報リンク集(毎週更新)について
 ■《リサイクルポートに関連する最新の情報》
  1.交通政策審議会港湾分科会第4回防災部会開催
  2.「港湾施設の技術上の基準」見直し作業へ
  3.中国地整、鉄鋼スラグ等の実海域適用で第2回会合開催
======================================
《事務局よりお知らせ》

★リサイクルポート推進協議会 総会の日程が決定致しました。
 
 平成24年度のリサイクルポート推進協議会 総会が下記日程で開催致します。
 詳細はおってお知らせ致します。
 何卒ご出席下さいますよう、お願い申し上げます。

    開催日  平成24年 6月4日(月) 午後
    場 所   海運クラブ (千代田区)
【事務局】
======================================
★RPPCホームページ 震災支援関連情報リンク集(毎週更新)について

先週の、震災支援関連情報リンク集の更新箇所【NEW】は、6 件でした。
 詳しくは、下記リンク先より、ご確認をお願いいたします。

  【RPPC 震災復旧・復興支援 関連情報リンク集】
   http://www.rppc.jp/futtukou_link.html

【事務局】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
《リサイクルポートに関連する最新の情報》

1.交通政策審議会港湾分科会第4回防災部会開催

 国土交通省港湾局は2月29日、交通政策審議会港湾分科会第4回防災部会を開催した。昨年7月に同防災部会がまとめた中間報告を踏まえて検討してきた内容を「論点」として整理するとともに、東海・東南海・南海地震等の切迫性に対処するため、今年5月下旬にも「港湾における総合的な地震・津波対策のありかた」をとりまとめる。また、東日本大震災の教訓を生かし、東海・東南海・南海地震による主要港の津波シミュレーション結果を速報値として公表した。
 同日の防災部会審議では事務局が▽津波に対する港湾の安全性評価、▽港湾の施設の技術上基準の見直し、▽水門・陸閘等の運用・整備方針、▽災害に強い海上輸送ネットワークの構築、▽東日本大震災における船舶の避難行動、等について報告。そして「港湾における総合的な地震・津波対策の論点」としてまとめた内容を説明した。
【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
2.「港湾施設の技術上の基準」見直し作業へ

 国土交通省港湾局は港湾分科会防災部会等での議論を踏まえ、東日本大震災の早期復旧や全国防災の観点から「港湾施設の技術上の基準」の見直しを進める。①粘り強い構造、②液状化の判定方法、については今年度内から段階的に見直し作業に入る方針。
 港湾局では発生頻度の高い津波については、第一線防波堤で確実に支え、また最大クラスの津波においても仮にケーソンは動いても崩壊には至らす減災効果を発揮する「粘り強い構造」を適用することにしており、これから本格化する復旧・復興事業、ならびに全国防災の取組にその考え方を導入する。
 また東日本大震災での地震では地震動の継続時間が長かったため、液状化被害が各所で発生した。背景としては従来の液状化判定方法では継続時間を考慮していなかったことがある。このため新たな基準見直しでは、継続時間を考慮した液状化判定方法を導入し、液状化の予測精度の向上を図ることにしている。
 この取組では基準の改定を行って定量的にその確実性が担保できるようにする。東北地方の被災港湾では、これから湾口防波堤等の復旧事業が本格化することになっている。技術基準の見直し作業を完全に終えてからでは間にあわないため、整った部分から先行的に導入し、現場施工に活かしていく。
【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
3.中国地整、鉄鋼スラグ等の実海域適用で第2回会合開催

 中国地方整備局港湾空港部は3月2日、「鉄鋼スラグ等の実海域適用に関する研究会」の第2回会合を開催した。当日は前回の研究会で出された検討課題等を整理して報告したほか、混合材等の実海域適用にあたっての検討課題に対する対応方針などについて議論した。
 中国地整では、地域経済を支える産業物流の効率化等を目的として、国際バルク戦略港湾の整備施策を推進している。一方でそれに伴い発生する航路・泊地の浚渫土砂の処理をどうするかが課題になっている。同研究会では、鉄鋼等の生産活動により発生する鉄鋼スラグ等を活用した処分方法について、瀬戸内海を囲む近畿、四国、九州地方整備局と連携し、検討を進めている。
 当日は混合材等の実海域への適用可能性や次年度の検討に向けて意見交換した。

【港湾空港タイムス】
####################################
 発行者:RPPC広報部会
 部会長:本野 晃郎  パシフィックコンサルタンツ(株)
 部会員:五月女 洋  五洋建設(株)
     門脇 直哉  新日本製鐵(株)
     柳井 健二  東京都

 リサイクルポート推進協議会事務局 一般財団法人みなと総合研究財団(内)
 担当:首藤、築地、小高  URL:www.rppc.jp E-mail:rppc@wave.or.jp
 ※会員主催や会員に関係した催し物(セミナーなど)の情報がありましたら
  ご連絡下さい。
  開催案内等の情報をメールマガジンで配信いたします。
 ※メールマガジンに対する意見、要望がありましたらご連絡下さい。
####################################
<< 前へ 第424号 次へ >>

一覧へ戻る