メールマガジン
<< 前へ 第477号 次へ >>

一覧へ戻る

RPPCメール
リサイクルポート推進協議会
  第477号(平成25年4月10日発行)

【今週号の主な内容】
 ■《今週の報道発表》 今週の報道発表はございません。
 ■《RPPC事務局・調査研究部会よりお知らせ》
★国際資源循環ミニセミナーのご案内
 ■《リサイクルポートに関連する最新の情報》
  1.25年度港湾関係暫定予算は611億規模
  2.海洋政策本部、次期「海洋基本計画」の原案まとめ
  3.静岡県、「駿河湾港アクションプラン推進計画」策定へ検討委員会
==========================================
《RPPC事務局・調査研究部会からのお知らせ》

★国際資源循環ミニセミナーのご案内

RPPC調査・研究部会より、この度、国際資源循環に関する最近の動向や最新の情報についてのミニセミナーを下記のとおり企画しました。
ご多用中のところとは存じますが、関係者お誘い合わせの上、ご参加下さりますよう、ご案内を申し上げます。
-------------------------------------------------------------------------------------
【国際資源循環ミニセミナー】

日 時: 平成25年4月15日(月) 10:00~12:00
場 所: 一般財団法人 みなと総合研究財団 3F 会議室 (定員40名程度)

[プログラム]
 講演 Ⅰ
◆テーマ:「国際資源循環に関する環境省の取組」
◆講 師:環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部
循環型社会推進室長 河本 晃利 様
 講演 Ⅱ
◆テーマ:「事業者から見た国際資源循環物流に係る今後の展開」
◆講 師:エコシステムジャパン株式会社 リサイクル原料部
        藤井 瞳后 様
参加費: 無料
申込み方法: 参加を希望される方は以下の参加申し込み用紙にご記入の上
FAX又は電子メールにてお申し込み下さい。
【申込先】 リサイクルポート推進協議会事務局担当:大矢・小高
      FAX:03-5408-8747  E-Mail:rppc@wave.or.jp
-------------------------------------------------------------------------------------
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
《リサイクルポートに関連する最新の情報》


1.25年度港湾関係暫定予算は611億規模

  国土交通省は4月1日、平成25年度暫定予算の成立を受けて公共事業の予算配分(箇所付け)を発表した。港湾局関係予算は611億5000万円(直轄481億7100万円、補助129億7900万円)となっている。
 今回の暫定予算は50日の期間を対象としたもので、港湾局関係では昨年度からの継続事業のうち、気象条件や漁業関係のため冬季に作業を行えず秋口までに工事を終える必要がある工事や、当該50日の期間に支払いが発生する事業、老朽化対策等を対象に箇所付けしている。暫定予算は当初予算が成立した際に吸収される。
  直轄事業分481億7100万円のうち、港湾整備事業は452億4900万円、港湾海岸事業には29億2200万円を計上。補助事業129億7900万円(うち地方港湾22億6100万円)はすべて港湾整備事業に予算を配分している。

【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
2.海洋政策本部、次期「海洋基本計画」の原案まとめ

 内閣官房総合海洋政策本部は4月1日、我が国海洋政策の基本方針となる次期「海洋基本計画(計画期間:平成25年度~29年度)」の原案をとりまとめ公表した。海洋再生可能エネルギーに関する取組みや、国際コンテナ戦略港湾など海上輸送拠点整備の促進、三大湾の港湾における防災対策の推進などを政府が計画的に講じていく施策として位置付けている。4月下旬~5月上旬頃に閣議決定する見込み。
 次期海洋基本計画原案では、第1部に海洋に関する施策についての基本的な方針、第2部で政府が総合的かつ計画的に講ずべき施策として12項目に分類し、具体的な取組みを示している。 ▽海洋資源の開発及び利用の推進、▽海洋環境の保全、▽排他的経済水域等の開発の推進、▽海上輸送の確保などを盛り込んでいる

【港湾空港タイムス】
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
3.静岡県、「駿河湾港アクションプラン推進計画」策定へ検討委員会

  静岡県交通基盤部港湾局は3月27日、県内主要3港(清水港・田子の浦港・御前崎港)を駿河湾港と捉え、一体的な連携方策や整備構想を示す「駿河湾港アクションプラン推進計画」の策定に向けた検討委員会(委員長:鬼頭日本港湾協会理事長)を開いた。
 静岡県では、3港の空間利用のあるべき姿等をまとめた推進計画を今年12月までに策定する。推進計画は概ね20~30年後の駿河湾港のあるべき姿(将来ビジョン)を示すほか、10年~15年で実施する港湾施策(港湾計画素案)を策定する。
同検討会では、駿河湾港の機能分担と連携の在り方、また各港の長期的空間利用イメージについて、▽物流・産業、▽防災・危機管理、▽交流・生活・環境の視点に立って検討していく。

【港湾空港タイムス】
##########################################
 発行者:RPPC広報部会
 部会長:細貝 隆司   五洋建設(株)
 部会員:本野 晃郎   パシフィックコンサルタンツ(株)
徳田 英司   新日鐵住金㈱
堀江 良彰   東京都
 リサイクルポート推進協議会事務局 一般財団法人みなと総合研究財団(内)
 担当:首藤、森谷、大矢、小高  URL:www.rppc.jp E-mail:rppc@wave.or.jp
 ※会員主催や会員に関係した催し物(セミナーなど)の情報がありましたらご連絡下さい。
  開催案内等の情報をメールマガジンで配信いたします。
 ※メールマガジンに対する意見、要望がありましたらご連絡下さい。
##########################################
<< 前へ 第477号 次へ >>

一覧へ戻る